筋肉痛のメカニズム。原因は筋肉繊維の部分断裂。

過ごしやすい季節になり、健康増進を目的として運動がしやすいことから運動を始める人が多くなります。
しかし、急激に運動したために引き起こされるのが、運動をした後に体が痛くなる筋肉痛です。

この筋肉痛が引き起こされるメカニズムには運動後の体の変化が関係しており、まず運動をすると体の中では運動の激しい動きによる負荷によって筋肉繊維が部分断裂をします。

本来部分断裂した際、普段運動をしている人間には十分な酸素が筋肉に入っているため代謝細胞を活性化させやすいことに加えて、乳酸も分泌しやすいことによって急速に修復しされますが、年齢による衰えや普段運動していなかった体で急速に運動をすると、代謝細胞が衰えてしまっているため急速な修復が行われないのです。
その急速に修復が行われないことで、部分断裂がそのまま継続していることが筋肉痛のメカニズムになります。

ポイントは有酸素運動と事前のストレッチ!

一度筋肉痛になると急速な修復が行われていないことによって痛みが持続し日常生活に支障をきたすことから、この筋肉痛にならないように予防方法知っておく必要があります。

この状態になる理由には急激な運動によって酸素を取り込んでいない筋肉に負荷がかかりすぎることによって繊維が部分断裂を重ねることで引き起こされるものです。

そのことから筋肉に十分な酸素を供給していないことで断裂するのは、運動の付き物であるため防ぐことが出来ませんが、その代わりに断裂を急速に治す環境にすることは出来ます。

そのためにはまず急激な運動、筋肉を増やす運動である無酸素運動をする前に、筋肉の中に酸素を十分の取り込む運動である、ウォーキングや水泳などの有酸素運動を取り入れることと、筋肉が急激に負荷を与える前に徐々に負荷を与える目的としてストレッチを行うことが、筋肉痛の予防につながります。

休息と食事が大切!

どんなに予防方法を行っても、この筋肉痛は筋肉に負荷がかかることによって断裂したことで引き起こされることから、断裂した量が多ければ酸素が十分に入っている筋肉であっても、修復が間に合わずに痛みとなってしまいます。

そこで誰でも筋肉痛になることを自覚すると共に、この状態になったときの対処を知っておく必要があります。

基本的に対処法としては修復が終わるまでの間には体を出来るだけ動かさずに修復が終わるまで、個人差はありますが2週間を目安に安静にすることが良いです。
その安静にして修復する間でも痛みがひどい場合では患部を冷やしたり、暖めたりする温熱療法をすることで痛みを和らげることが出来ます。

その上で毎日の食事の中で筋肉の回復を促すために、動物・植物問わずにたんぱく質と野菜から、ミネラルとビタミンをとることによって代謝細胞を活性化させることも対処につながります。

アミノ酸で効率的な疲労回復を

運動時、また運動後の水分補給はただ水分補給をするだけではなく、効率よく吸収されるスポーツドリンクの中で、自分の目的に応じたドリンクを飲むようにすると良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ダイエットを失敗する方へ!リバウンドのメカニズムを知って、リバウンド知らずの体を作ろ…

ダイエットをしてはリバウンドを繰り返している人へ、その悪循環を2度と繰り返さないために、リバウンドを起こす原…

キレイに痩せるためにもオススメ!大豆の栄養がぎっしり詰まった「豆乳」

クセが強くて飲みにくいという方も多いようですが、「豆乳」は栄養豊富な大豆のいいところが凝縮されています。キレ…

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

スポラボ編集部

スポラボ編集部です。スポーツのお役立ち情報やスポーツに関する情報を提供していきます。