オーバースロー

ピッチャーの投げ方の1つ目としてご紹介するのは、オーバースローです。水平より上からボールを投げるフォームです。

オーバースローの投げ方の良さは、以下の点となります。

・球速が出やすい
・もっとも高い位置からの投げ方で、ボールを持っている時間が一番長く、真上から真下へ向けて角度のあるボールを投げる事ができる
・変化をボールにつけやすい。

対して、オーバースローは他の投げ方と比べて、身体への負担が大きいことやコントロールをしにくいという事が難点です。

一番ポピュラーな投げ方で、ほとんどのピッチャーがオーバースローです。

サイドスロー

地面とほぼ水平に横から投げるフォームがサイドスローです。

サイドスローの特徴としては

・横の変化球が投げやすい
 スライダーやシュートといった横回転の変化球をより投げやすくなり、変化も大きくなります。

・ストレートに横からの角度をつけられる。
 内角、外角どちらに投げたとしても角度がついているため、バッターからすると打ちにくいボールを投げる事ができます。

・コントロールがしやすい
 オーバースローやスリークォーターと比べて安定したコントロールで投げられます。

一方で、サイドスローには以下のデメリットがあります。

・落ちるボール、縦の変化がつけにくい
・オーバースローなどと比べて球速が出ない
・腰や肘への負担が大きい

他の投げ方と比較すると肩への負担は少ないのですが、遠心力を使って投げるのため、肘や腰への負担が大きいです。

スリークォーター

オーバースローを垂直、サイドスローを水平とした時に肘の角度がスリークォーター(4分の3)、つまりオーバースローとサイドスローの中間なのがこちらの投げ方です。

特徴としては以下のような点が挙げられます!

・球速が出やすい
 オーバースローと同じく、肩を使って振り下ろす形でボールを投げられるため、球速が出やすいです。

・コントロールがしやすい&身体への負担が少ない
 身体をバランスよく使う投げ方なためコントロールがしやすく、身体への負担も小さいです。

・変化球が投げやすい
 フォークボールなどの落ちる球やシュートやスライダーなどの横回転のボール、どちらも使う事ができる投げ方です。

アンダースロー

アンダースローとはその名の通り、サイドスローよりも低い位置からボールを投げる投げ方です。

アンダースローの特徴は以下の通りです!

・独特な軌道をボールが描く&アンダースローで投げられる選手は少ない
 アンダースローは下からボールが放たれ上に上がり、そして下に落ちていくという軌道を描くため、バッターから見るとボールが浮いたように見えます。

また、アンダーで投げる選手は本当に少なく、バッターもあまり目が慣れていないため対応に時間がかかります。

対して、球速が出ない、モーションが大きく盗塁が狙われやすいというのがこの投げ方の弱点と言えます。

関連するまとめ

契約最終年アーロン・ジャッジ絶好調

今年が契約最終年のアーロンジャッジが絶好調なんです。

日本ハムの平成のドラフト1位を振り返る!平成元年〜平成10年編

新元号【令和】となった日本! 今年のドラフトは令和初のドラフトです。 そんな今年だからこそ、平成時代のドラフ…

関連するキーワード