2024年はメジャーリーグが盛り上がりそうですね。
大谷翔平選手・山本由伸投手がロサンゼルスドジャース、
今永昇太投手がシカゴカブスに決まりましたね。
この日本を代表する先発投手二人がどんな成績を残すか楽しみですね。
今回はそんなメジャーリーグに挑戦した日本人投手が2桁勝利をあげた記録を少しですが紹介したいと思います。

1年目の最高は16勝

メジャー1年目最多の16勝を挙げたのはダルビッシュ有投手と前田健太投手の2人。ダルビッシュ投手は日本ハムからレンジャーズに移籍した2012年、初先発した4月9日のマリナーズ戦で5.2回8安打5失点でメジャー初勝利を挙げるなど、4月に4勝をマークして月間最優秀新人を受賞しました。前半戦で10勝を挙げてオールスターゲームにも選出され、最終的には16勝9敗、221奪三振、防御率3.90の成績を残しました。

前田健太投手は広島からドジャースに移籍した2016年4月6日、パドレス戦で初先発して6回5安打無失点で初勝利をマーク。第2打席ではメジャー初安打となるソロ本塁打も放ちました。その後も白星を伸ばし、1年目は16勝11敗、防御率3.48の好成績を残しました。

15勝以下の投手

松坂大輔はポスティングシステムで西武からレッドソックスに移籍。2007年4月5日のロイヤルズ戦で初先発し、7回6安打10奪三振1失点でメジャー初勝利を挙げました。前半戦で10勝を挙げ、当時は日本選手初となるメジャー1年目で15勝(12敗)をマーク。さらにワールドシリーズでも勝利投手となり、チームの世界一に貢献しました。

石井一久はヤクルトからドジャースに移籍した2002年4月6日のロッキーズ戦で5.2回2安打無失点の好投で初先発初勝利。4月は5勝0敗で月間最優秀新人賞を受賞し、前半戦で11勝を挙げました。しかし、9月8日のアストロズ戦で頭部に打球を受けて頭蓋骨を骨折し、14勝10敗、防御率4.27の成績で1年目を終えました。

近鉄に入団以来4年連続最多勝など「トルネード旋風」を巻き起こした野茂英雄は、自由契約となって1995年にドジャースに移籍。結果的にはその後、多くの日本人選手がメジャー挑戦する扉を開けることになりました。

勝ち星こそつかなかったものの5月2日のジャイアンツ戦で初先発して5回1安打無失点の好投を見せ、6月2日のメッツ戦で初勝利。その後も日米のファンも熱狂させる好投を続けて13勝6敗、防御率2.54の好成績をマークし、236奪三振で最多奪三振に輝きました。

楽天で無傷の24連勝という驚異的な成績を残した田中将大投手は2014年、ポスティングシステムでヤンキースに移籍。4月4日のブルージェイズ戦で初先発し、7回6安打3失点で日米通算100勝目となるメジャー初勝利を挙げました。右肘の違和感で離脱した時期もあったものの9月に復帰。13勝5敗、防御率2.77の成績で1年目を終えました。

2023年にソフトバンクからメッツにFA移籍した千賀滉大投手は、4月2日のマーリンズ戦で初先発初勝利。その後も勝ち星を積み重ね12勝7敗、防御率2.98をマークしました。

海外FA権を行使して巨人からメッツに移籍した高橋尚成は2010年4月7日のマーリンズ戦で延長10回に6番手として初登板し、2安打1四球1失点で敗戦投手となりました。しかし、同23日のブレーブス戦で初勝利を挙げると、その後、先発で4勝、リリーフで6勝をマーク。10勝6敗8セーブ3ホールド、防御率3.61の成績を残しました。

関連するまとめ

期間限定の熱戦!プロ野球交流戦を見よう。

普段、あまりプロ野球を見ない私ですが、セパ交流戦は好きでよく見てます。毎年パリーグの強さが際立っていますが、…

侍ジャパン、世界一奪還ならず!WBC準決勝 vs アメリカ

WBC準決勝、侍ジャパンはアメリカに敗れ、世界一奪還の夢は潰えた。

ホークス80周年

福岡ソフトバンクホークスは2018年で球団設立80周年を迎えましたね。 南海ホークス、ダイエーホークス、ソフ…

岩永美月

ソフトボールをずっとやってきたので野球大好きです。
12球団のホーム球場制覇まで、残すは日ハムのみ。
日ハムの新球場完成したら観戦しに行って、12球団のホーム球場制覇してみせます!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

アンケート特集

みんなはどう思っている?