立浪和義

立浪和義
1987年のドラフトでPL学園を経て中日ドラゴンズに入団。
高卒新人では球団史上初の開幕スタメンを勝ち取り、新人王も獲得しました。プロ22年間中日ドラゴンズ一筋で、通算打率,285、2480本安打、171本塁打、1037打点という実績を残し、ミスタードラゴンズと呼ばれていました。また、長打率が非常に高く、通算487二塁打は日本プロ野球歴代最多を誇っています。
ベストナイン2回、ゴールデングラブ賞5回を獲得し、中日ドラゴンズ全盛期を支えた功労者でした。
今回、選出はなし得ませんでしたが、次回の表彰では野球殿堂入りが有力されている選手です。

野村謙二郎

野村謙二郎
1988年に駒澤大学を経て、ドラフト1位で広島カープに入団。
走攻守揃った万能遊撃手で、1995年にはトリプルスリーも達成し、当時、メジャーリーグに最も近い選手と評価されていました。
プロ17年間広島カープ一筋で、通算打率,285、2020安打、169本塁打、765打点という成績を残し、広島カープ黄金時代のリードオフマンを務めていました。2010年から広島カープの監督としてチームの士気を取り、現在の広島カープ黄金期の基盤を作ってくれました。
広島カープ史上No. 1のリードオフマンでした。

石井琢朗

石井琢朗
1988年に足利工業高校を経て、ドラフト外で横浜大洋ホエールズ(現DeNAベイスターズ)に入団。
入団当初は投手として活躍していましたが、1992年に野手にコンバートされると、開花。1998年当時ベイスターズが呼ばれていた「マシンガン打線」のリードオフマンとしてチームを牽引し、チームを38年ぶりのリーグ優勝に導きました。
プロ24年間で、ベイスターズ、広島カープと渡り歩き、通算打率,282、2432安打、102本塁打、670打点、358盗塁をマーク。盗塁王4回、最多安打2回タイトルを獲得しています。ちなみに投手時代、1勝をマークしています。
コーチとしても現在の広島カープ打線を作り上げた実績を持ち、来シーズンからヤクルトスワローズの打撃コーチとして活躍します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

2017年シーズン注目選手〜読売ジャイアンツ〜

今シーズンのジャイアンツの注目選手を紹介していきます。 主に今シーズンから加入した新戦力の紹介です。

ベイスターズ、優勝への道 vol.34 〜予言的中!主砲が暗雲を振り払う!巨人戦〜

1つ1つの勝ち星がベイスターズの優勝につながることを信じて

1家族一回限りの無料サンプル請求

Daisuke

スポーツが大好きです。特に野球。特に広島カープ。
よろしくお願い致します。