プロ野球の選手会長とは

プロ野球の選手会長は必ずチームに1人いなくてはならない役職になります。選手たちは日本プロ野球選手会に属しており、選手会長はチームの代表として全員の意見を集約する役目を担います。

最近ではポスティング問題やWBCの出場の是非に関する問題がありました。少し前では球界再編、ストライキなどの問題の話し合いにも、チームの意見を持って参加してたそいうです。労働組合の長のような存在で、ある程度の実績、チーム内での地位がなければ、意見の集約や説得もできないため、各球団ともチームの主力選手が務めています。球団のフロントに選手の総意としての意見を持っていくこともあるようです。

キャプテンとはどう違う?

キャプテンは、選手会長とは対照的にグラウンド内のリーダーであり、声や態度、プレーでチームを引っ張っていく存在だ。選手会長と兼務することはなく、時にはキャプテンが選手会長をチーム内でサポートすることもあります。

選手会長とキャプテンは役割こそ違いますが、両者とも強いリーダー性が求められる役職であることは間違いなく、お互いがチームは強くまとめている存在になります。

関連するまとめ

ロジャーズ・センター

トロント・ブルージェイズの本拠地

メジャーの【オープナー】とは

本来中継ぎの投手が先発として起用され、1〜2回の短いイニングを投げたのちに本来の先発投手をロングリリーフとし…

グランドスラムの秘密:HR王が明かす勝負の瞬間

グランドスラムの舞台は、ただのスポーツイベントではありません。それは、情熱と汗、そして栄光の物語が織りなすド…

関連するキーワード