オフサイドとは

オフサイドとは、「あるチームの選手がプレーまたはパスをした時点でパスの受け手がオフサイドポジションにいて利益を得たときに取られる反則」です。

「ゴールから数えて2番目にゴールに近い相手選手よりもゴール側」がオフサイドポジションとなります。GKとDFが逆の立ち位置になっても考えることは同じです。

オフサイドポジションにいる事自体は反則にはなりません。あくまで「利益を得た場合」にオフサイドになります。オフサイドの反則が取られると、間接フリーキックで再開されます。

戻りオフサイドとは

オフサイドポジションから「戻って」パスを受けることから、このように呼ばれています。

オフサイドは、ボールに触れた位置ではなく、「パス(またはプレー)が出された時点での位置」で適用されます。そのため、スルーパスによってディフェンスラインの裏を抜けてオフサイドポジションでボールを触れても、パスが出された瞬間がオンサイドであれば、オフサイドとなりません。

しかし、逆にオフサイドとならない位置でパスを受けたとしても、パスを出した瞬間がオフサイドポジションであった場合、オフサイドとなります。このケースが戻りオフサイドです。相手陣地のオフサイドポジションでパスが出され、自陣に戻りボールに触れた場合もオフサイドとなります。

戻りオフサイドの再開位置

オフサイドが取られた場合、相手側の間接フリーキックによって試合が再開されます。間接フリーキックの開始する位置は「オフサイドとなった選手が、パスが出された瞬間にいたオフサイドポジション」です。

関連するまとめ

世界の有名サッカー選手 ヨハン・クライフ

オランダ代表チームとアヤックス・ダッシュでプレーしたヨハン・クライフ

サッカーの「オフザボール」とは

サッカー用語の「オフザボール」についてご紹介します。

スポーツ界で輝く名将の指導術【サー・アレックス・ファーガソン編】

サー・アレックス・ファーガソンの不屈の精神と成功への執念 目次 1.若き監督の誕生とアバディーンFC時代 2…

関連するキーワード