みなさんはプロ野球のドラフト制度をご存知でしょうか?
知ってる方もいるかも知れませんが、あまり知らない方もいるかと思いますので、今回はプロ野球のドラフト制度について少しですが、紹介したいと思います。

ドラフト1位 入札抽選制度

入札抽選制度では、各球団が希望選手を順に指名し、指名が重複(競合)した場合、くじ引きによる抽選となる仕組みです。
注目選手に複数球団の指名が集中する事も多く、抽選はドラフト会議の一番の見所でもあります。

なお、入札抽選は全球団のドラフト一位が出揃うまで繰り返されます。

1度目の入札で外れた球団で再度指名を行い、ここで競合した場合も再度くじ引きです。
1度目の入札で外れた球団によって受ける一位指名を「外れ1位」と呼びます。

ウェイバー方式

ウェーバー制とは、最下位球団から順に選手を指名できるシステムで、その年の各リーグの順位が反映されます。

次の3巡目は、逆ウェーバー制が適用され、優勝球団から順に選手を指名でき、以降は4巡目ウェーバー制と5巡目逆ウェーバー制といったように、各制度を交互に繰り返し、選手を指名していきます。

このウェーバー制・逆ウェーバー制の導入理由も、12球団の指名権や、戦力を均衡させるためだと言えるでしょう。

優先権

ドラフト二位は最下位から順に指名するとはいえ、セ・リーグ、パ・リーグそれぞれに最下位チームは存在しますよね。
どちらのリーグが先に指名するのか、という事を決めておくのが優先権です。
2018年までは交流戦の成績が考慮されていましたが、2019年以降は交互に優先権が与えられることとなっています。

関連するまとめ

巨人移籍の中田翔選手が移籍後第一号

日本ハムから巨人に電撃移籍した中田翔内野手が、22日のDeNA戦(東京ドーム)で移籍初アーチ

高校野球好き必読!三田紀房作の高校野球マンガ

「ドラゴン桜」の作者、三田紀房先生が数多くの高校野球漫画を出しているのをご存知でしょうか? どれも高校野球好…

関連するキーワード