紫外線とは

太陽から地球に届く光は、赤外線、紫外線、可視光線の3つに分けられます。可視光線とは目に見える光のことで、波長の短い順に紫、藍色、青、緑、黄色、橙、赤となり、紫よりも波長の短い紫外線は目には見えません。可視光線の赤色より波長が長い赤外線も目で見ることが出来ず、熱作用が大きい光とされています。

紫外線は波長の長さによってさらに3種類に分類されます。

UV-C

オゾン層で全て吸収され、地表には届きません。

UV-B

大半はオゾン層で吸収されますが、一部は地表に到達して、人体に悪影響をもたらします。主に皮膚や目の表面に作用して、シミや炎症の原因になります。皮膚ガンもこのUV-Bとの関連が指摘されています。日焼け止めの効果はSPFで表示されます。雲や窓ガラスを通り抜けられないので、曇りの日や室内での影響はほぼないといわれています。

UV-A

波長が長い為、雲や窓ガラスを通りぬけ、皮膚の奥深くまで到達します。真皮のコラーゲンなどを破壊して、シワやたるみの原因となります。一部は、目の奥の水晶体や網膜まで到達するため、白内障の原因ともいわれます。

日焼け止めの効果はPAで表示されます。A自体の影響は強くないですが、徐々に蓄積されていきます。

健康にも不可欠な紫外線

悪い影響ばかりが注目されやすい紫外線ですが、健康に不可欠な点もあります。例えば、皮膚にUV-Bが照射されるとビタミンDが皮下で作られます。ビタミンDはカルシウムの吸収を促し、骨の形成や筋力を高める効果があります。ビタミンDは食事からも摂取できますが、必要量を食事だけから摂るのは難しく、多くの場合、1日に必要なビタミンDの半分以上は紫外線で作られるビタミンDで補っているといわれています。

一日にどのくらいの時間の日光浴が必要かというと、環境省のマニュアルでは、「標準的な日本人が皮膚の25%(両腕と顔に相当)を日焼け止めをせずに露出して、東京都心で8月1日の昼頃、雲が少しある晴れた日に外出するとして3分間。同様に1月1日の昼ごろに12%(顔と手に相当)を露出して外出すると約50分などと計算されます」とあります。

一方で、人体への悪影響もある紫外線。「肌に悪い」と避けてしまいがちですが、メリットとデメリットを知って上手に付き合っていきましょう。

運動時の紫外線対策

通常の外出時の紫外線対策は、日傘をさす、こまめに日焼け止めを塗るなど、イメージできる方も多いと思います。では、汗を沢山かく運動の時の紫外線対策はどうでしょうか。

服装と日焼け止め

頭はつば付きの帽子、顔はサングラス、首はタオルを巻くか襟を立てる、腕はアームカバー、足は長ズボンやスパッツなど基本的に、サングラスを含めUVカット加工のものを選びます。

日焼け止めは、ウォータープルーフでSPF30以上のものがおすすめです。ただし直接肌に塗るものなので、肌に合わない場合は専門機関へ相談した上で決めましょう。

運動する時間

運動する時間にも注意が必要です。紫外線は朝から徐々に増え始め、10時頃には一回目のピークを迎えます。その後、午後2時頃までには非常に強い状態となり、午後4時頃になると減り始めます。よって、夏場の運動は太陽が出ていない早朝か夕方の時間帯を選びましょう。また、日差しは、地面や建物からの照り返しがあるため、アスファルトより、芝生や木が多い公園で運動をするのが理想です。

関連するまとめ

健康維持にもオススメ!「自転車」を活用しよう!

健康維持にはもってこいの「自転車」。交通ルールを守ったうえで、利用しましょう。

季節問わず注意が必要!「冬の脱水症状」に気をつけよう!

脱水というと夏のイメージがありますが、空気が乾燥して水分を積極的にとらなくなる冬にも発症リスクがあります。脱…

乳酸菌の効果ってなんなのか。

乳酸菌って結局は、なに良いのだろう。

関連するキーワード