ワールドカップ予選のヨーロッパ予選プレーオフの組み合わせが決まりました。
12か国が3つのグループに分かれて、各グループ4か国でのトーナメント戦。
各グループ1か国のみがワールドカップ出場権を得られ、残りは敗退決定です。
ヨーロッパ予選の最後の最後プレーオフはどういった組み合わせになったでしょうか。
まずパスAを見ていきます。

スコットランド・ウェールズ・ウクライナ・オーストリア

スコットランドはワールドカップ出場経験なし。
ウェールズは1958年スウェーデン大会の1回。
ウクライナも2006年ドイツ大会の1回。
オーストラリアは7回出場も、最後に出場したのは1998年フランス大会。

といった感じで、なかなかワールドカップと縁がない4ヶ国でのプレーオフとなったパスA。
トーナメント形式のプレーオフ。
スコットランドVSウクライナ
ウェールズVSオーストリア

この組み合わせの勝利国が、最後にワールドカップ出場を懸けての戦いとなります。

スコットランド初のワールドカップ出場となるか

パスAの中で唯一ワールドカップ出場がないのがスコットランド。
ワールドカップ予選2位になったのも、1998年以来ということです。

予選の戦いぶりは見事でした。
10試合で7勝2分1敗。得点17失点10の成績でした。
今回同じパスAとなったオーストリアも、最終予選同グループで1勝1分と勝ち越しています。

プレーオフ1回戦のウクライナに勝利することができれば、ワールドカップ初出場が現実味を帯びてくるのではないでしょうか。
今から非常に楽しみです。

関連するまとめ

2022年シーズン、3年ぶりにJ1参入プレーオフが復活!!

Jリーグが、2022シーズンのJ1、J2、J3各リーグおよびYBCルヴァンカップ、J1参入プレーオフ各大会の…

大河原奈々未 / 140 view

サンフレッチェ広島が獲得!?ファン・ペルシ選手とは?

ヴィッセル神戸のポドルスキ選手に続いてはサンフレッチェ広島がファン・ペルシ選手ですか。清水エスパルスにリュン…

kenshirou / 1504 view

決勝進出の2チーム遂に決定!サッカー天皇杯、準決勝

29日、第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会の準決勝の2試合が行われ、決勝進出の2クラブが決定した。

大河原奈々未 / 1428 view