宮崎敏郎選手、横浜DeNAベイスターズと6年契約!!

国内FA権を取得した横浜DeNAの宮崎敏郎内野手(32)が、FA宣言をせずに6年契約で残留すると発表。横浜DeNAで6年契約は、2003~08年の三浦大輔投手(現監督)に並ぶ、球団史上最長の契約。宮崎選手が「このチームで優勝したいです」と球団に伝えたという話で、どれだけファンが熱くなったことか。正直、移籍しちゃうんじゃないかと思っていただけに、ホーム最終戦後に、即残留を決めてくれたのは本当に嬉しいニュースとなりました。

生涯横浜!!宮崎敏郎選手

宮崎敏郎選手は、佐賀県出身のプロ9年目で現在32歳。厳木(きゅうらぎ)高から日本文理大へ進学し、社会人・セガサミーを経て、2012年のドラフト会議にて、6巡目で指名。契約金3,500万円、年俸850万円(金額は推定)という条件で入団しました。

背番号は51。「ハマのプーさん」の愛称で親しまれ、2017年に首位打者に輝き、18年にはゴールデン・グラブ賞、ベストナインにも2回(2017、18年)選出されるなどチームにとって欠かせない攻守の要です。

今シーズンの成績は、141試合に出場し、打率.301、16本塁打、73打点。
9月29日のヤクルト戦では、史上304人目となる通算100本塁打を達成。これは大卒、社会人経験者としては9人目の快挙で、ベイスターズとしても大卒、社会人経験者初の達成となりました。

永遠ハマのプーさん!!

現在32歳の宮崎選手は、6年後には38歳となります。球団側から「横浜で最後を迎えてほしい」とのセリフもあったそうで、将来の幹部候補としても期待されての長期契約です。

でも、まずは選手として横浜優勝を成し遂げてもらいたいです。期待しています!応援しています!!来シーズンも楽しみです!!

関連するまとめ

ベイスターズ、優勝への道 vol.14 〜若手投手陣に試練!広島カープ戦〜

1つ1つの勝ち星がベイスターズの優勝につながることを信じて

大河原奈々未 / 1545 view

埼玉高校野球ベスト16が出揃う!注目校と、5回戦の見所は!?

青空ツインズの躍進に、延長の朝霞の粘りに注目!

tokotoko / 1200 view

その地域のライバル校同士の熱い戦い!日本各地の「◯○の早慶戦」を観に行こう!

日本各地に早慶戦のようにその地域のライバル校同士の戦いが繰り広げられる伝統の一戦が多いです。

tokotoko / 2255 view