最近ピスタチオが密かに人気を高めているのはご存じでしょうか。
気軽に取れて、栄養価も高いピスタチオの魅力に迫ります。

ピスタチオを知ろう

ピスタチオはウルシ科カイノキ属の落葉高木から採れるナッツです。
淡い緑色と風味が良いのが特徴のナッツであり、主な生産国はアメリカやイラン、トルコ、シリアなどが挙げられます。
ちなみに現在世界一の生産量を誇っているのはイランです。

熟したものをそのまま焙煎し塩味を付けて食用として用いられています。非常に栄養価が高いことからナッツの女王とも呼ばれており、日本においてはおやつや酒のおつまみとして食べられることが多いです。
それだけでなく他にもお菓子に使われる場合も多く、用途が幅広いのも特徴です。

人気がある分、コンビニなどで手軽に購入することができる上に栄養価が高いので、普段の生活に取り入れやすいナッツとして注目を集めている健康食品です。

ピスタチオの栄養価効果

栄養価が非常に高いことからナッツの女王と呼ばれているピスタチオ。ピスタチオと食べることによって以下の効果や効能を期待できます。

・高血圧予防
・疲労回復
・生活習慣病予防
・眼病予防
・便秘解消
・美肌などの美容効果

ピスタチオにはカリウムが含まれている為、体内の余分な塩分や水分を体の外へ排出してくれる働きがあります。
これによって高血圧を予防することができますし、女性の天敵であるむくみを解消することもできます。

他にもオレイン酸やリノール酸といった健康に良い脂肪分である不飽和脂肪酸も豊富に含んでいるので、体内の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やしてくれます。
これによってコレステロール値が低下し、生活習慣病を予防することに繋がります。
他にもルテインなどが持つ抗酸化成分による細胞の老化を防ぎつつ紫外線から目を守ることができますし、食物繊維によって便秘の解消にも効果があります。

効果的な食べ方

ピスタチオに含まれている脂肪分には健康に良いとされている不飽和脂肪酸が含まれています。
不飽和脂肪酸には熱に弱い種類のものもある為、ピスタチオの栄養価を十分に摂取するには加熱しない食べ方をおすすめします。

それに加えて、抗酸化作用に効果的なタイミングである食事の30分前から食事の1時間半後までに摂るようにしましょう。
おやつやおつまみとしてそのまま食べる方法が1番手軽ですし、ピスタチオの食感や風味を楽しむことができます。

関連するまとめ

太らない焼肉?北海道へ来たらジンギスカンを食べよう!

北海道の美味しいグルメのひとつジンギスカン。 実はダイエットに最適な最強成分がたくさん含まれています。

tokotoko / 1224 view

栄養満点の「とろろ」!痒くなるのは何故?

山うなぎとも呼ばれることもあるほど栄養成分が豊富な山芋をもちいた「とろろ」。痒くなるので苦手な方も多いそうで…

大河原奈々未 / 1038 view

迷ったらこれ!!オススメご当地お土産〜福岡編〜

月の半分、出張で各地を回っている私がオススメするご当地お土産を紹介します。 是非参考にしてみてください。

カメレオン / 1156 view

関連するキーワード