はじめに

みなさんは野球のルールで故意落球という言葉をご存知ですか?
試合中でもあまり見られないプレーの1つですが、
故意落球とはどんなルールなのでしょうか?
今回は故意落球について少しですが、紹介したいと思います。

故意落球

故意落球は内野手が本当はキャッチできるフライやライナーの打球に一度触れておきながら、キャッチと認められないくらいすぐにわざとボールを地面に落としてダブルプレーをとろうとするのを防ぐためにあるルールです。


審判がわざとボールを落としたと判断したときにボールデッドのジェスチャーをして故意落球の宣告をします。

(※ボールデッドとは試合が一時中断されてその間に行われたプレーが無効になること)

審判が故意落球を宣告するとその打球を打ったバッターはアウトになり、塁上にいたランナーは元の位置に戻されます。

出典:YouTube

インフィールドフライとの違い

故意落球とインフィールドフライは守備側のずる賢いプレーによるダブルプレーを防ぐためのルールという点は同じです。

しかし、インフィールドフライでは
・ライナーでは起きない
・ランナー1・2塁か満塁のときだけ
・ボールデッドにならない
このように故意落球とは異なるルールもあります。


野球の試合では故意落球よりもインフィールドフライの方が起こる可能性が高いです。

故意落球の注意点

・守備側がボールに触れていないといけない
・外野フライは適用されない
・結果的に落とした打球は適用されない

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

横浜ベイスターズ、2017年のブレイク候補!投手編

横浜ベイスターズ、今年ブレイクが期待できる投手をご紹介!

東京ヤクルトスワローズ 〜選手以外のご紹介〜

山田哲人、バレンティン、ライアン小川、もっと古くは若松、古田、池山などなど、才能あふれる選手が沢山いる東京ヤ…

夢の打率4割に向かって

イチロー選手も越えれるか

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。