通常のチョコレートは、カカオが30〜40%を含んていますが、高カカオチョコレートは、70%以上を含んだビターチョコレートを指しています。
そのカカオに含まれているカカオポリフェノールによる多くの効果が注目されています。また普通のミルクチョコレートと違い、砂糖もあまり使用していないので、太りたくない人、虫歯になりたくない人には嬉しい、健康的なおやつとして高カカオチョコレートが人気が集まっています。
そのカカオポリフェノールなどチョコレートに含まれる効果についてご紹介していきます。

カカオチョコの効果

・動脈硬化予防
動脈硬化の原因は活性酸素によるコレステロールの酸化です。
カカオチョコレートの抗酸化力がこの酸化を抑制します。

・疲労回復
テオブロミンはカカオ豆に含まれている苦味成分のもとです。
苦味成分が血行を良くし、自律神経を調節して疲労回復を促します。

・ストレス緩和
カカオポリフェノールが血中のストレスホルモン分泌を抑えます。
日常的にチョコレートを食べることで抗ストレス効果が期待できます。

・血圧低下
血圧の上昇は血管が細くなってしまうことが原因です。
カカオポリフェノールは血管を広げて血圧を下げる効果があります。
血圧が高い人ほど低下量が大きいと明治の研究で明らかになりました。

高カカオチョコの選び方

高カカオチョコレートを食べる純度が高いのを選べばいいと思われがちですが、80〜90%台のは甘さがほんとないので、苦い、舌触りがパサパサするといった感じなので、初めての方は美味しくないと感じると思います。

初めての方は70%前後の純度の高カカオチョコレートをお選びするのをオススメします。
ほどよく甘く、苦味もよし、美味しく食べられる純度がこの70%前後だと思いますので、高カカオチョコが気になる方は、まずは70%を選んで試してみてください。

関連するまとめ

もう一つのWBCが4月埼玉で開催

WBCは終わっていない。また4月に日本で開催されるぞ〜

【マネキンチャレンジ】国境なき医師団 本気のメッセージ動画公開

特定非営利活動法人 国境なき医師団日本は、12月27日(火)より、マネキンチャレンジによるメッセージ動画「【…