毎年日本を厚く盛り上げてくれるプロ野球
今年も多くの選手が日本を盛り上げてくれるでしょう。

そんなプロ野球の長い歴史において、シーズン打率の歴代ランキングを調べてみました。
あんな選手やこんな選手などがトップ10にはいっていましたので、簡単に紹介していきたいと思います。
今回は第4位の発表です!

第4位 打率.3834 1970年 東映・張本 勲

色々と物議となる発言が多いですが、嫌いも好きなうちの一つと都合の良い解釈をすれば、みんな大好き『喝っ!』こと、張本勲さんが記録した、打打率.3834が、堂々の歴代4位の記録です。

巨人OBとして紹介されるケースが多いですが、キャリア23年のなかで巨人で過ごしたシーズンは4年間だけです。

歴代4位を記録したシーズンも、巨人移籍前の東映フライヤーズの時代です。
このシーズの成績は打率だけでなく、34本塁打・100打点を記録。
長いキャリアのなかで、打率・本塁打・打点の3部門全てがキャリアハイの数字です。
名選手になるとどのシーズンがキャリアハイのシーズンになるか物議になることが多いですが、同一シーズンで全てのキャリアハイを記録した、この1970年が、張本さんキャリアハイのシーズンといえるのではないでしょうか。

張本勲=安打製造機

3085安打に400本塁打も記録していますが、やはり張本さん安打製造機と捉えてしまいますね。
首位打者7回はイチローと同じ歴代1位タイ。
4年連続は歴代2位の記録です。
最多安打も3回記録。
通算打率は、.313となっています。

打率・本塁打・打点
このタイトルでどれが一番難しいかタイトルなのか。
人によって意見は分かれるとこではありますが、個人的には本塁打・打点は記録した数字は、どれだけスランプに陥っても減らない数字。
それに対して、打率は数字の上下があることを考えると、首位打者のタイトルを取ることは一番難しいとは思っています。

そのなかで7回の首位打者・4年連続の首位打者を獲得してるのは、やはり偉大だと再認識させられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

阪神12球団最速10勝1番乗り!

アカン!優勝してまう! 阪神が12球団最速で10勝1番乗りや!

横浜ベイスターズ、2017年のブレイク候補!投手編

横浜ベイスターズ、今年ブレイクが期待できる投手をご紹介!

高校野球名門校列伝〜大阪桐蔭高校編〜

高校野球の名門校を特集する新シリーズ!第一弾は先日選抜優勝を成し遂げた大阪桐蔭です。

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。