はじめに

オリンピック競技とはいえ、あまり見たこともない方もいるのではないでしょうか。
オリンピック競技でもある自転車競技の1つのマウンテンバイクですね。
今回はそんなマウンテンバイクの見どころを少しですが、紹介したいと思います。

マウンテンバイク

マウンテンバイクは1970年代のアメリカで生まれたと言われています。自転車やアウトドアが好きな人たちが、自転車を改造して山道を駆けるようになったのが端緒。その後、専用自転車が作られて、レースが行われるようになると、1990年代にはアウトドアスポーツとして世界中の多くの人に認知されるまでになっりました。マウンテンバイクのクロスカントリーがオリンピック種目に加わったのは、アトランタ1996大会から。自然の中につくられたワイルドなコースで繰り広げられるダイナミックな走りは、自転車競技の魅力を一層深めます。選手は悪路にも耐えられる高い走行性能を備えた自転車に乗ります。

見どころ

マウンテンバイクのクロスカントリーコースにはさまざまな表情があり、体力と技術を駆使して難所を征服するところが見どころですね。競技時間は約1時間半から1時間45分。1周4km~6kmの未舗装の山道には、急勾配のアップダウンや、1人しか走行できないような非常に狭い「シングルトラック」と呼ばれる部分、ロックセクションと呼ばれる岩場も組み込まれています。また、コースには「フィードゾーン」と呼ばれるエリアが設けられており、自転車機材の交換や、飲食物の補給などができますね。
試合は全選手が同時にスタートするが、1周目トップの選手のラップタイムが基準となり、トップとの差が基準タイムの80パーセントに達した選手は脱落していくサバイバルレースでもあります。決勝のみの一発勝負のため、波乱が起きることも予想されますね。
東京2020大会では新設の伊豆マウンテンバイクコースを使う。全長4.1km、高低差150mのオフロードコースは、従来のオリンピックコースと比べてハードルが一段階上がっています。各セクションに伊豆の名所・名物をモチーフとした「天城越え」「浄蓮の滝」「箸」「わさび」「踊り子歩道」「枯山水」などの名称が付けられており、セクションの特徴と重ねながら実況を聞くのも楽しそうですね。コースの途中には富士山を望むビューポイントがあり、見事な風景に囲まれてのレースとなります。
クロスカントリー用のマウンテンバイクは、未開の道や山岳地帯での高速走行を可能にするために軽量化され、耐衝撃性に優れています。機能性やデザインにも注目したいところですね。

コース

伊豆MTBコース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

誰もが気になる口臭の原因とは何か?いくつかの原因がある!?

正常な匂いの場合、生理的口臭と言いますが病気やその他の原因で(多くの場合、口の中に原因が在ります)他人に不快…

ペットとして飼えるのはもはや犬や猫だけではない!?こんな動物まで飼えるなんて知らなか…

今の時代、ペットとして飼うのは犬や猫だけではありません。 1人暮らしでも飼いやすいペットもいますし、そんなペ…

8月の誕生石ペリドット&カーネリアンを知ろう!

1年365日。 365日を12の月に分けているこの世界。 この12の月にはそれぞれ誕生石といわれるものがあ…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。