断食といえば、飲み物も食べ物も何も口に入れず、山にこもって修行するというイメージを持たれやすいですが、「プチ断食」は全く違うものになります。
そして断食をするのは1日だけ。
それも固形物は口に入れず、飲み物はオッケーなのがルール。
つまり体に負担を与えず、気軽に行えるのがプチ断食なのです。

プチ断食で得られる効果

【ダイエット効果】
プチ断食は食事を摂らないので、イメージ通りダイエット効果が期待できます。
肥満は、コレステロールを増加させますが、断食によってコレステロールも排出することができ、当然肥満の解消に繋がってきます。
さらにプチ断食には新陳代謝を良くする、脂肪が燃焼しやすい、便秘をなくすといった、健康的で痩せやすい身体にする効果があります。

【内臓を休めれる】
現代人の大部分は、過食や邪食によって、内臓、特に消化器官を酷使しています。
限度を超せば、病気になります。消化吸収の作業は、大きなエネルギーを使っていますので、消化器系に休養を与えれば、体の全器官も休息することができます。
たとえ1日の断食でもすれば、体が休まり、翌日は心身の爽快感を体験できます。

【デトックス効果】
プチ断食をすることによって、体の悪いものを出すデトックス効果も期待できます。
生命活動の「消化・吸収・排泄」のうち、消化と吸収は完全にストップするわけですから、全生命力を排泄一本に集中することができます。
断食は美容法にも優れた効果があります。

【免疫力アップ】
食物が断たれるという人体にとって危機的な状況になる事が体は自然に、自分を守ろうとして抵抗力を強めます。
そのため、免疫力を高める効果もあるため風邪をひきにくくなります。

プチ断食のやり方

まず断食する体に慣れさす為に、断食の一日前の夕食の量を少し少なめにします。
そして断食の当日は、固形物は摂取しないで、飲み物だけで一日過ごします。

もし飲み物だけが辛いのでしたら、ヨーグルトだけ摂取するやり方もお腹の調子を整えられるのでオススメです。
そして断食の次の日は、「回復日」です。
これがプチ断食で重要になってきます。
朝から固形物を食べても大丈夫ですが、断食をしていたのに急に固形物を食べてしまうと体が対応しきれなくなってしまうので、少しずつ普段の食事に戻せるようにします。
また食事も一気にもとの量に戻してしまうと胃もびっくりして負担がかかってしまいます。
そして何よりもせっかく小さくなった胃が再び大きくなってしまい、断食したことそのものの意味がなくなってしまいます。
普通の食事量に戻すのに、二日くらいかけるつもりで食事の量を増やしていくという方法でも良いと思います。

上記の理由からプチ断食には連休の初日が適していると思いますので、週末の土日が休みの人は、土曜にプチ断食してみてはいかかでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

「食べる緑茶スイーツ」と、7種の緑茶「Shimada Green Ci-Tea 高級…

全国各地のオモシロ企画を発信する面白企画創造集団「トコナツ歩兵団(※1)」(団長・渡部祐介、株式会社マイロッ…

美容成分たっぷりのメニューで身体の内側から美しくなれる?話題のBARがついにオープン…

9月2日(金)から9月30日(金)まで東京・銀座に、期間限定でオープン。 贅沢な美容成分で作られた『美・皇潤…

11月29日(金)筋肉を考える日に『めん』と『ドレッシング』で筋トレの食事を応援 手…

ケンミン食品株式会社はUHA味覚糖株式会社と共同で、11月29日(金)日本記念日協会認定の『筋肉を考える日』…

関連するキーワード

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。