脂質の一種「コレステロール」とは

脂質の一種である「コレステロール」は、食品中に含まれ食事によって摂取するものと、私たちの体内でつくられるものがあります。体の細胞膜や性ホルモンの材料になる大切な栄養成分ですが、とり過ぎなどによって体内に増え過ぎると、生活習慣病を招きます。

2種類のコレステロール

体内の血中総コレステロールには、“HDLコレステロール”と“LDLコレステロール”があります。HDLコレステロールは、血管の余分なコレステロールを肝臓に運ぶことで掃除を行い、動脈硬化を予防することが知られています。一方、LDLコレステロールは肝臓から血管や組織にコレステロールを運ぶ働きをしています。

このLDLコレステロールや総コレステロールが増え過ぎ、血管壁に沈着して酸化されると血管は通り道が狭くなったり、つまって切れやすくなったりしてしまいます。これが動脈硬化で、虚血性心疾患や脳血管疾患などをまねく原因となります。動脈硬化の予防には、LDLおよびHDLコレステロール値を正常に保つことが大切です。

「コレステロール」を適正値にするには

体内のコレステロールは、3分の2が糖質や脂質を材料にして体内でつくられたもので、残りは食べ物から直接とり込んだものと言われています。体内のコレステロールは自分でつくる量の方がずっと多く、食事からのコレステロール摂取量が直接血中総コレステロール値に反映されるわけではないと考えられています。

血中のコレステロール値を適正に保つには、運動をする、肥満を予防する、喫煙をしないなどの要因が大きく影響します。そして食生活では規則正しく栄養バランスのよい食生活をすることが第一で、自分に適した量のエネルギーをとり、栄養バランスのよい食事をとるのが大切なことです。朝食抜き、まとめ食い、夕食が遅い、といった食習慣も血中のコレステロールを乱す要因になりますから気をつけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

食べる輸血と呼ばれるスーパーフード「ビーツ」

ロシア料理のボルシチに入っている真っ赤な野菜「ビーツ」は、日本ではあまり馴染みがありませんが、「奇跡の野菜」…

実はダイエットにも効果的な「体幹トレーニング」

最近、「体幹トレーニング」が一般的になりつつありますが、実はダイエットにもオススメだそうです。そのメリットと…

夏バテ防止にカレーを食べて元気になろう

これから暑い日が続くようになりますよね。 暑い日が続くと、アイスクリーム、カキ氷、シャーベット、そうめん、冷…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。