はじめに

今回も山口県の地ビールについて紹介したいと思います。
山口県の観光名所の1つに海響館がありますね。
500種2万点の水族たちが展示されている水族館。関門海峡を再現した瀬戸内海水槽はトンネル状で海底散策気分が味わえ、世界のフグ100種類以上やシロナガスクジラの全身骨格標本など、下関らしい展示が特徴です。目の前に関門海峡が広がるアクアシアターでは、イルカとアシカのユニークな共演パフォーマンスが必見です。

ちょんまげビール

ちょんまげ(丁髷)ビールは、やまぐち萩ビールが造る、味わい、栄養、安全にこだわった地ビールです。
製造工程では、ビール酵母に含まれたビタミン、ミネラルを活かすため最終段階までろ過は行わず、ビール中の糖分は少し高めにしてコクを出しています。
おもしろいネーミング。話のネタになるし、笑えるし、遊び心がある地ビールです!

ビールの種類

◆アルト    
重厚な味わいのビールです。
ドイツのビールで、カラメル麦芽と淡色麦芽を原料に、上面発酵で「オリジナルアルト」に醸造。深みのあるレッドブラウンで独特な香りと適度な苦味が特徴のビールです。 
◆ペールエール
イギリスのビールで、ホップの苦み、コクとフルーティーな香りを備えた少し淡色のビールです。
木の実やローストされたモルト風味、それでいてフルーツのような香りがします。
キレがあり苦みのあるノド越しが特徴のビールです。
◆ウィート
ドイツ、バイエルン地方のビール、女性や苦みが苦手な方向きビールです。
小麦麦芽を使用した上面発酵の淡黄色。チョンマゲのオリジナルウィートは、小麦麦芽を50%以上使用した爽やかな香りとフルーティーな味わいが特徴です。
苦味が弱く、心地よい酸味があり、生きた酵母が多く残されているので白く濁っています。
◆ピルスナー
チェコのピルゼン地方のビールです。
淡い色の下面発酵ビールが原型で、世界各地で最も飲まれているのがピルスナータイプビールです。
麦芽由来のコクがある旨みと、ホップの苦味はマイルドで全体として柔らかい仕上がり です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

スポーツ選手はなぜ逆境を楽しめるのか?!その1

プレッシャーにも押し潰されず、逆境に強いプロスポーツ選手。 一般人とはやはりメンタルの作り方が違う?

長野県の地ビール③

キレのある旨いビールを醸すには、酵母が活発に活動しなければなりません。そのためには、酵母の活動を助けるミネラ…

47都道府県 有名なものシリーズ 福井編①

47都道府県にはそれぞれ有名な場所や食べ物がありますよね。それらを少しずつですがご紹介出来たらと思います。

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。