スポーツジムにいくとランニングマシンで走っている人を良く見かけますよね。空いた時間で健康の為にとか、ストレス解消の為、ダイエットの為になど人それぞれ目的が違います。だけど、実はランニングって、「朝」やるか「夜」やるかで全然効果が違うって知ってました?ここではそれを見ていきます。

朝ランニング効果

効果①・生活習慣が良くなる
朝にランニングしようと思えば、通常よりも早い時間に起きなければなりません。 そして朝早起きしている為、夜も早い時間から眠くなります。
すると、自然と生活習慣が良くなるのです。 更に運動不足も解消!まさに一石二鳥の生活習慣改善方法なのです!

効果②・ダイエットに適している
朝は脂肪燃焼率が高い為、少し運動しただけでもかなり脂肪が燃焼されるんです。追い込み次第ではかなりのダイエットも可能。ダイエットを目的としている人は朝ランニングをオススメします!

効果③・頭が冴える
朝にランニングする事によって脳が活発に目覚めます。結果、一日中冴えた頭で活動する事が出来ちゃいます。 また、朝は気温が低くチリや埃が舞いません。 朝にしか味わう事の出来ない極上の空気を味わう事も出来ちゃいます。

夜ランニング効果

効果① ・時間がつくりやすい
朝のランニングだと、どうしても忙しい時間の中でランニングをしないといけません。でも夜なら時間が沢山ある為、時間を気にしなくても大丈夫!
朝、起きれない人や朝は忙しくて時間が作れない人は夜ランニングで汗を流すのがオススメです。

効果②・ストレス解消
夜の街を走る事で脳がストレスを解消しやすいそです。
現代社会はストレス社会です。生きているだけで何かとストレスを感じると思います。ストレスを解消したくてランニングする人は夜のランニングをオススメです。

効果③・朝の目覚めがいい
夜ランニングで良い感じに疲労が溜まり、ぐっすり熟睡出来るからです!
不眠気味な人や夜寝付きが悪い人。そんな人は夜ランニングをしてみましょう!夜にランニングする事でかなり不眠が改善されたりもするそうなので
夜に熟睡出来ない人には本当にオススメです!!

ランニングの注意点

注意点①・ランニング初心者はとかく膝を壊しやすいといわれています。ランニングをする筋肉が出来ていないうちから無理をして走ってしまうため、体重の何倍もかかる衝撃に筋肉が耐えきれず、膝に負荷がかかりすぎて故障してしまいます。まずはウォーキングから始め、足を長距離になじませましょう。筋肉をつけるのも大切ですし、ストレッチをすることも大切です。
また、膝を保護するためのサポーターやテーピング、ランニングタイツなどを使い、出来るだけ膝への負担を和らげるようにしましょう。

注意点②・足の筋力不足やストレッチが足りないまま走っていると足底筋に負担がかかってしまい、土踏まずや膝を痛め、腰を悪くする原因になります。ランニング等の運動前後には必ず念入りにストレッチや柔軟体操をするようにしましょう。膝や太もも、ふくらはぎ、足首にアキレス腱。ストレッチをして伸ばす場所はたくさんあります。ランニング後は5~10分ほど歩いてクールダウンすることも大切です。走らない日にはストレッチだけでも行うようにすると良いでしょう。また、筋力トレーニングや体幹トレーニングも大切です。筋力や体幹があるとフォームが安定し怪我をしにくくなります。さらには疲れにくくなるという特典もあります。

注意点③・休息をきちんと取らなければ怪我や故障の原因となってしまいます。その日の体調が良くなければ休むのは当然ですが、疲労が取れない日や倦怠感がある場合も休むようにしましょう。元気でも1日走ったら1日休むようにするのが理想です。休日は2日続けて走ってもかまいませんが、3日以上は走らないようにしましょう。週3~4回。どんなに多くてもランニングは週5日までにします。ランニングは体への負荷の大きなスポーツですので、必ず休息日をいれるようにして下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ランニングを続けることのメリット

ランニングはやはり良いことばかりです。

夏に向けてダイエットを頑張ろうとしているあなた!挫折しないように心得を伝授します!そ…

何度もダイエットを失敗している…そんな方は、自分に合ったダイエットをしていないのかも?自分にぴったりのダイエ…

9月7日からパラリンピック開幕!注目競技とは??

開幕まであと13日。リオデジャネイロ・パラリンピックも見逃せない、注目の競技を紹介します。

1226

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square