はじめに

みなさんも馴染みのあるカレーライスとハヤシライス。
この2つの料理は見た目も似てますし、食べ方も一緒ですね。
味は異なるカレーライスとハヤシライスですが、何が違うのかみなさんご存知でしょうか?
今回はそんなカレーライスとハヤシライスについて少しですが紹介したいと思います。

カレーライス

カレーライスとは、炒め煮込んだ野菜や肉をスパイスが効いた辛いルーで味付けして、お米にかけていただく料理の事である。元々はインドの料理で、インドを植民地としていたイギリスから日本に伝わった。現地のカレーは米はパラパラでルーはシャバシャバ系だが、日本のカレーライスは米はもちもち、ルーはとろみがある。具は牛や豚や鶏、シーフード類、玉ねぎ、じゃがいも、人参あたりが基本だが、ルーの味が強い為、クセの強い野菜等を入れたりアレンジもしやすい。辛さが甘口・中辛・辛口等レベル分けされて販売されています。

ハヤシライス

ハヤシライスとは、炒め煮込んだ野菜や肉を、ドミグラスソースやトマトで味付けして、お米にかけていただく料理の事である。洋食をベースに考案された日本の洋風料理である。カレーとは違い、辛味は無くどちらかといえば甘めで、ほんのりと酸味も感じられる。主な具材は、薄切り牛肉と玉ねぎ、キノコで、カレーライス程具材のアレンジは行われない。ハッシュドビーフやビーフシチューとも似ているが、このいずれもハヤシライス程トマトを加えず、また本来ライスにかけて食べるモノではない。特にビーフシチューはハヤシライスとは違い、香味野菜をゴロゴロ大き目にカットして入れる事も多く、見た目にもかなり違いがある。

番外編 ドライカレー

ソースでない(汁気のない)カレーで、玉葱等の微塵切り野菜と挽肉を炒めた材料にカレー粉等で風味を付けた(ミートソース又はそぼろ状の)具をライスに添えた物や、素材の野菜,挽肉(ハム等も使う)とライスをカレー粉等と一緒に炒めたカレー炒飯です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

近年注目を集める高栄養価野菜「金時草」

注目を浴びる伝統的な加賀野菜「金時草」

青森県のお土産シリーズ その7

青森県には沢山の、美味しいお土産があります。 一度口にしたら、ハマってしまう商品をご紹介します。

旨味の凝縮した「ホタテ」は栄養も満点!

独特な甘みがあり、ソテーや網焼きにしても美味しい「ホタテ」。乾燥させた貝柱はうまみが凝縮していて重宝されます…

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。