歴史とは

種から発芽させて短時間で収穫ができる芽野菜。かいわれ大根の歴史は意外と古く、平安時代から食べられていました。その後江戸時代にもかいわれ大根のレシピは存在します。しかし、明治、大正、昭和初期ではかいわれ大根はあまり見かけることない高級食材扱いでした。

栄養とは

かいわれ大根に含まれている栄養成分の中で特に知っておきたいのが、フィトケミカル、イソチオシアネート、メラトニンです。
フィトケミカルとは、活性酸素を除去する抗酸化作用に優れた成分で、数ある効果の中でも肌の再生に特に力を発揮すると言われています。
次にイソチオシアネートですが、かいわれ大根を食べた時にピリッとくる辛みがこの成分です。
こちらも抗酸化作用に優れ、またガンを予防する働きがあるとしてアメリカの研究機関が発表してから注目されるようになった成分です。
そして最後にメラトニンですが、これは人が持っている体内ホルモンの一種なのですが、人が夜になると眠くなるのはこのメラトニンの血中濃度が上がるためで、別名睡眠ホルモンと呼ばれています。
不眠などの症状がある方は夕食にかいわ

美味しい食べ方

◆生のままサラダに
生のまま食べやすい長さに切ってサラダのトッピングなどにします。また、手巻き寿司や生春まきの具材としても食感や彩がアクセントになって美味しいです。
◆汁物の具に
味噌汁などに仕上げに投入して食べると美味しいです。食感を残すよう、煮てしまわないのがポイントです。
◆カイワレダイコンを使った料理をレシピサイトで探す
主な料理レシピサイトのカイワレダイコンを使ったレシピのページにリンクしています。参考にされると良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

春の不調をスパイスで撃退!「スパイス白湯」

春の不調に悩まれている方々に「スパイス白湯」が話題になっています。

目を温めると得られる効果は

眼精疲労でお悩みの方。他にも体に不調はありませんか。その不調は眼精疲労が原因かもしれません。眼精疲労が引き起…

関連するキーワード

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。