臭い匂いが出るエアコンはフィルター掃除をしよう

エアコンは空調設備のひとつで、室内の空気の温度や湿度を快適に調整してくれる便利な家電製品です。
暑い夏には空気を冷やし湿度を下げ、寒い冬には空気を温めてくれます。
快適な空気を室内で循環させるため、どうしても空気中にあるホコリや汚れも一緒に攪拌してしまうわけですが、そのホコリをきれいに取り除いてくれるのがフィルターです。
ということは、フィルターだけ掃除しておけばメンテナンスは十分だと思いがちですが、ホコリ以上に注意すべきなのが結露による水分です。

エアコンを掃除した時のメリット

① エアコンの効き目が大きく変わる
エアコン内部に付着したアルミフィンやドレンパン部分の頑固なホコリ・カビ汚れを落とすことで、新品で購入した時のような風の効き目を取り戻すことが出来ます。
※場合により付着した臭いが残る場合もあります。
② エアコン本体の機能回復・故障の回避
エアコンクリーニングによって内部をキレイにすることは、エアコンの機能回復や故障リスクの回避に繋がります。掃除機に置き換えて例えるなら、掃除機を長時間使用していると、内部にホコリやゴミが溜まっていきますよね。そのまま放置して使用し続けると吸引力が弱くなったり、それが原因で故障する可能性も出てきます。
つまり、定期的に中身をキレイに保ち続けることこそが、エアコンと長いお付き合いをいていく上での重要なポイントなのです。
③ カビの除去による体調不良の予防
長期間クリーニングをしていないエアコンの内部は、カビの温床です(赤カビ・黒カビ等)
カビの繁殖したエアコンから出る風を体に浴び続けていると、けだるさや呼吸器疾患(ぜんそく・肺炎等)の病気リスクが高まります。
小さなお子様・高齢者・呼吸器疾患を患っている方がご家族にいる場合は、定期的なエアコンクリーニングの必要性が高いといえるでしょう。
④ 節約効率が上がる
インターネットでよく「電気代が30%安くなった!」や「月々の電気代がすごく落ちました!」という情報が見られますが、これらはエアコン内部の汚れがひどい場合に起こる現象です。だいたいの節約目安としては、クリーニング前に比べ5%~10%程の節約効率が一般的です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

繰り返す、リバウンドの理由はこれだ!

頑張ってダイエットしても、すぐリバウンドしてしまう。 リバウンドには理由があった!? 意外と知られていないリ…

味噌汁の具には欠かせないわかめ。その効果は。

ワカメはお味噌汁の具や酢の物など、伝統的な日本の家庭料理を支える食材の一つ。昆布と並んでポピュラーな海藻とも…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。