白魚とは

江戸前寿司でよく見かける白魚。透き通った白い姿が上品で綺麗な魚ですね。この白魚はどのような魚なのでしょうか。白魚の産地、特徴、生態、その姿などを紹介していきます。
白魚の科・属

白魚はキュウリウオ目シラウオ科の魚です。その大きさは10cmほどにもなります。思っていたより白魚は大きな魚になるんだと感じた人もいるでしょう。
白魚の見た目・特徴

白魚は小さな魚なので、何かの稚魚のことだと思っていたといっている人を見かけました。しかし、流通している白魚はあの大きさで立派な成魚です。白魚の名のとおりに真っ白、または半透明の色をしています。そしてよく見ると人でいうと腰のあたり。体の半分より少し後が一番高くなっている魚であることがわかります。

効果とは

骨粗鬆症、骨軟化症の改善と予防、抗ストレス作用など。透き通るような白さを持つ白魚は、頭から全部食べれますので、重要なカルシウム源と言えます。カルシウム不足が続くと、骨軟化症という骨が柔らかくなってしまう病気にかかったり、骨粗鬆症を発症する時期も早めると考えられますので、骨を構成する成分として重要な位置を占めています。

選び方

シラウオ(白魚)とシロウオ(素魚)は似ているが別の魚
シラウオ(白魚)はシラウオ科の小魚で、河口付近や汽水域に生息しています。体長5~10cmで、新鮮であればあるほど透き通っていますが、死後時間の経過と共に白っぽくなります。その白い様子から「白魚(しらうお)」と名前がつきました。似たような小魚のシロウオ(素魚)と混同されやすいですが、シロウオ(素魚)はハゼ科で頭が丸いです。

シラウオは身の透明度が一番大事
シラウオ(白魚)を選ぶ時は、身が溶けていないもので、目がハッキリと黒々とした点をしているものを選びましょう。生で白く濁っているシラウオは鮮度が落ちていますので気を付けてください。生シラウオを選ぶ場合は、身の透明度を第一に見てください。生のシラウオは傷みやすいので、産地で釜揚げにしたものを選ぶのもよいですよ。

シラウオ(白魚)は何の稚魚なの?
シラスはイワシ、小女子はイカナゴへ成長します。稚魚のように見えるシラウオですが、シラウオは大きくなってもシラウオです。一年で一生を終える年魚であり、“冬一寸、春二寸”と呼ばれている通り、冬は3~5㎝ほどの稚魚として育ち、春になると6~10㎝くらいになります。春を迎えるとその短い一生を終えます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

意外と知らない!正しく「うがい」できてる?

知っているようで意外と知らない「うがい」の効果と、正しい方法をご紹介。

芋、麦、米など様々な種類のある焼酎。いったいどんな効果があるのでしょうか?〜酒は百薬…

米や麦をはじめ、芋や黒糖など種類が豊富で様々な飲み方が楽しめる点からも、若い女性から年配の方まで幅広く愛され…

カサゴなどと同じく卵胎生で、メスは12~2月ごろに数千尾の稚魚を産む。その栄養とは

めばるの旬は4~6月。 春の船釣りはめばる漁から始まることから、「春告げ魚」と呼ばれる。

関連するキーワード

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。