タカガールユニフォーム2019のデザイン候補の公開

福岡ソフトバンクホークス株式会社は、ホークスを応援する女性ファン向けの特別イベント「タカガール♡デーinTOKYO」の開催を記念し、2019年2月20日(水)に「タカガールユニフォーム2019発表会」を開催しました。
イベントは、「タカガールユニフォーム2019全国WEB投票(2018年11月16日~27日)」のエントリーユニフォームの6種類の紹介から始まりました。ホークス公式ダンス&パフォーマンスチームのハニーズメンバーが6種のエントリーユニフォームを着て、ステージの上でウォーキングを披露しました。日本の女性が持つ豊かな魅力からそれぞれインスピレーションを受けてデザインされたエントリーユニフォームは、【Geometric(ジオメトリック)】【Typography(タイポグラフィー)】【Festival(フェスティバル)】【Script(グラフィティ)】【Girly(ガーリー)】【Flare(フレア)】の順で披露されました。

それぞれの紹介が終わり、早速結果発表へ移りました。約5万人からの投票から見事に1位を獲得したのは、【Flare(フレア)】となります。結果発表時には、【Flare(フレア)】に合わせたコーディネートに身を包んだゲストの若槻千夏さん・池田美優さんが登場。二人でウォーキングを披露し、その場を盛り上げてくれました。

若槻千夏さん「コーデのポイントは『デートで野球観戦!』です

ユニフォームのお披露目イベントを終え、ゲスト2名とのトークセッションに移りました。【Flare(フレア)】についてコメントを求めると、「私はこれが一番好きでした!」と二人からのコメントがあり、さらに「可愛いです!」、「今年の流行りのパープルも入ってますよね~」と絶賛の声が加わりました。また、タカガール♡デーの女性入場者全員にこのユニフォームが配られることを知った二人は驚きの様子で、「すごい!」、「生地もしっかりしてますよ!」とアピールする場面もありました。

「もしこのユニフォームを着て球場に行くならどんなコーディネートにする?」というお題をもとに、各自で考えたコーディネートのコンセプトについて聞くと、若槻さんは、「春っぽくしてみました。30代なので、フレアスカートで大人っぽい雰囲気にしました。観戦後のディナーにそのまま行っても違和感ないようなドレッシーなコーディネートにしてます。」とコメントしました。黒のスキニーと短いトップスにユニフォームを合わせた池田さんは、「自分の私服っぽくしてみました。モノクロ系の服を着ることが多いですが、ポイントでピンクのユニフォームを加えました」と説明しました。

また、二人に野球観戦に関する質問をすると、若槻さんは「みなさん、忘れられていると思いますが、以前10代から20代前半にかけてスポーツ番組に出演してたことがありまして、球場には何度も足を運んでました!」とコメントし、「子供が産まれてから中々足を運ぶ機会がなくて…。ただ、下の男の子がもうすぐ2歳で、ボールを追ったりするのがすごい好きなんですよ。球場デビューするとしたら今年かと。これをきっかけに再び行きたいと思います。」と家族での観戦についてコメントしました。池田さんは、「まだ球場に行ったことはないです。何か、野球に詳しくないと行っちゃダメなイメージもあったのですが、今回のようにファッション感を出すことでみんな行きやすくなるのではないかと思いました!」と感想を述べました。

みちょぱの憧れの人は?

続いてのトークでは、お二人の「女性の輝きを感じる瞬間」について質問。若槻さんは、「冬でも薄着の人?」という意外な答えを。寒さよりもファッションを重視して、冬でもヒールに薄着の女性を見るとキラキラさを感じるという若槻さんだったのですが、まだ二十歳の池田さんには「もう年じゃないですか~!」と突っ込まれる場面もありました。意外とインドアという池田さんは、「外に行ったり、ワイワイしている方を見て楽しんでるな、輝いているなって思います。」とコメントしました。

タカガールダンスチャレンジの勝者は…?

そして、二人のためのチャレンジ企画に移りました。それは、「タカガールダンスチャレンジ!」お手本として、ハニーズのELIKAさん、NOAさんが登場し、タカガールダンスを披露。最初は「早い!早い!」と自信なさげの様子の二人でしたが、その後の手の振りだけの簡単バージョンの試演やレクチャー時は、後ろで振り付けを追って練習するなど真剣な様子でした。若槻さんが「またぎっくり腰にならないように最後のジャンプは気を付けます!」とコメントし、会場一同から笑いを誘う場面もありました。何度かの練習を重ねて、迎えた本番では二人とも見事なダンスを披露してくれました。ハニーズの判定の元、勝者に選ばれたのは池田さん。若槻さんが「動画再生してみようよ!」と再判定を求める一方、池田さんは「これは若さで勝ちましたね。うれしいです!」と大喜びのコメントをしていました。また、「覚えやすい」とダンスチャレンジへの感想があり、「是非球場でもやって欲しいです」とタカガール♡デーへの期待を表すようなコメントもありました。

最後のエンディングトークで、若槻さんは「もう私もタカガールの一員ですので、4月にみんなで楽しみたいと思います!」と言い、池田さんは、「球場に行ったことないですが、これを機に行ってみたいと思いました!」とコメントしました。イベントは最後まで賑やかな雰囲気で盛況で終了しました。

今年のタカガールユニフォームのテーマは「Flare(フレア)」

キラキラとした女性の輝きをスポットライトがあたっているような光のフレアで表現しました。「勝利の光でヤフオクドームを照らそう!」がコンセプトになっているそうです。

関連するまとめ

始球式のきっかけはなんだったのでしょうか?

野球発祥の地であるアメリカでは、1910年に当時の大統領である、 ウィリアム・ハワード・タフトが行なったのが…

カープびいきvol.30 7月1日 中日ドラゴンズ戦

カープファンによるカープびいきの試合結果報告です。