射撃の概要とは

射撃は、銃器を用いて標的を撃ち、精度の高さを競う競技。固定された標的を撃つ「ライフル射撃」と、空中に放出された動く標的を撃ち壊していく「クレー射撃」があります。

オリンピックでは第1回アテネ1896大会からの正式競技(セントルイス1904大会、アムステルダム1928大会を除く)。動きの少ない静的な競技で、体力より重要となるのがメンタルの強さ。集中力をどれだけ高め維持できるかが勝敗を決めるカギとなります。ライバルと戦うというより、各選手が自分自身と戦うスポーツともいえます。

ライフル射撃は同心円が等間隔で描かれた標的の中心を狙って撃ち、中心に近いほど高い得点になる。ライフル銃を使う種目と、ピストルを使う種目があり、それぞれに標的までの距離、使う銃の種類などにより、種目が分かれている。銃の種類は、50mライフル、10mエアライフル、25mリムファイア・ピストル、10mエアピストルの4種類があり、距離は50メートル、25メートル、10メートルの3種類。撃つ時の姿勢も、片方の足を膝立て膝の上に銃を置いて構える「膝射(しっしゃ)」、伏せて銃を構える「伏射(ふくしゃ)」、立った姿勢で銃を構える「立射(りっしゃ)」の3種類があり、それらを組み合わせた種目もある。

一方、空中に飛び出したクレーといわれる皿状の標的を散弾銃で撃つのがクレー射撃。1つの装置から遠くにクレーが飛び去る「トラップ」と、左右の装置からクレーが放出される「スキート」がある。

東京2020大会では、10mエアライフルと10mエアピストル、クレー・トラップに男女混合種目が加わる。

競技について

立射
・グローブは使用しても良い。
・銃を支える手はなるべく垂直に立て、肘は腰骨又は脇腹で支える。
・頭はなるべく立てる。(傾けると平衡感覚がくずれる)ハイサイトが効果的
・身体はいくらか後に反らして銃とのバランスをとる。
・両足の開きは肩巾ぐらい。
・自然に構えた時に、狙った標的がサイトの中にある様に身体を移動させ、バットプレートの位置を調整する。
・肩付けはいつも一定のところに一定の力で。

膝射
・グローブ・スリングは使用しても良い。
・頭はなるべく垂直に立てた方が良い。
・銃を支える腕の肘は、膝の上にのせる。
・後方の足を折り曲げ足首の上に座る。
・足首の下にニーリングロール(枕)を使っても良い。

伏射
・グローブは使用しても良い。
・スリングも使用して良い。
・頭は極端に左右や前に傾けないよう。
・肩付けはいつも一定のところに一定の力で、ずれるといくら照準がよくても弾着は狂います。
・体を支える腕と地面との角度は30度以上です。
・スリング止めの位置、スリングの長さ、腕への取り付け位置等は何度も実験して自分に合った位置を決めましょう。
・目をつぶって最終照準をし、目を開けた時サイトの中に標的の黒点が入っていれば大体正しい照準です。
・スリングの位置は良く研究して下さい。

見どころ
一発の満点は10.9点で、射距離10メートルのエアライフルでは、的の中心にある直径わずか0.5ミリメートルの範囲に命中させなければなりません。中心からのわずかなずれで順位が大きく入れ替わるため、ひとつのミスが勝敗を分けます。中心への命中率を高めるためには卓越した技術はもちろん、極めて高い集中力が必要です。
予選の上位8名で行われる決勝で、メダルを決める最後の1発は観客の拍手と歓声の中で放たれます。鍛え抜かれた選手たちの心が織りなす緊張感と劇的な試合展開が最大の見どころです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

燃焼をサポートする、運動前のストレッチ法!

運動では筋肉を酷使します。 運動中に筋肉のトラブルを引き起こさないためにも、運動前にはきちんとしたストレッチ…

自転車通勤始めてみませんか?

ストレスフリーの通勤生活!

体幹を鍛えよう

巷で話題の体幹トレーニング。 体幹を鍛えることによってどのようなメリットがあるのでしょうか。 それを紹介して…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。