2018年に子どもにさせた習い事は「学習塾」、「スポーツ系」がトップ!

株式会社イー・ラーニング研究所は、子どもを持つ親を対象に「年末年始の子どもの習い事アンケート」を実施いたしました。「2018年、学校以外に習い事をさせましたか<SA>」という問では、「はい」が 65%、「いいえ」が 35%という結果になり、6割以上が習い事をしていたことがわかりました。習い事には「学習塾」(54)、「スポーツ系」(49)という回答が多く集まり、次いで「音楽系」(38)、「英会話スクール」(28)という定番の習い事が続きました。また、「プログラミング教室」(11)、「ユーチューバー・V チューバー」(4)などの最新の習い事を行っている子どもも増えてきているそうです。

2020年の教育改正への注目度が、習い事にも反映!

「2018年、保護者間で話題になった習い事はありますか<SA>」という問では、「はい」が 56%、「いいえ」が 44%という結果になり、新しい習い事への注目度が高まっていることが分かります。話題になった習い事には、第1位が「プログラミング教室」(59)、第 2 位が「英会話スクール」(45)となり、「スポーツ系」(24)、「学習塾」(20)と続きました。また、「2019年、何の習い事をさせたいですか(させる予定ですか)<MA>」という問では、「英会話スクール」(58)と「プログラミング教室」(58)が同数で第1位となり、第2位が「スポーツ系」(34)という結果になりました。2018年にさせた習い事ではプログラミング教室は少なかったにもかかわらず、2018年に話題になった習い事、2019年にさせたい習い事ではともに第1位であり、2020年の教育改正におけるプログラミング的思考の導入により、注目度が高まっていると考えられます。

また、「なぜその習い事をさせたいのですか(させる予定なのですか)」という問に対しては、「将来のためになると思ったから」(76)という回答が最も多く、次に「2020 年の教育改正に向けて」(39)が続きました。将来や 2020 年の教育改正などに備えたいという思いが、習い事をする動機付けになっていることが伺えます。

将来なってもらいたい職業は「経営者」が独走!

「将来お子様になってもらいたい職業は何ですか<MA>」という問では第1位が「経営者」(66)となり、新しいテクノロジーが登場することにより、社会が大きく変化する中で、会社の先頭に立ち、問題解決をしながらリーダーシップを発揮する存在になってほしいと望んでいることが分かります。また、第2位は「プログラマー(SE)・ゲームクリエイター」(37)となっており、2019年でも「プログラミング教室」が注目されていることもあり、今後使えるスキルを学校と習い事の両方で身につけて、将来の職業として役立てていくことを期待していることが伺えます。

約9割がスマートフォン・タブレットでの学習に関心がある!

「2019年、お子様にスマートフォン・タブレットを用いた学習をさせたいですか(させる予定はありますか)<SA>」という問では、「はい」が 91%、「いいえ」が 9%となり、約9割がスマートフォン・タブレットでの学習に関心があることが分かりました。また、「なぜスマートフォン・タブレットを用いた学習をさせたいですか(させる予定ですか)<MA>」という問では、「手軽に学べるから」(117)、「繰り返し学習ができるから」(111)という回答が多く、スマートフォン・タブレットの普及が高まる中で、生活の一部として学習に取り組みやすいことが伺えます。

子どもの習い事の中に「ユーチューバー・V チューバー」があることには驚きですね。今年は子供に何の習い事をさせたいか悩み中の人はアンケート結果を参考にしてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

スポーツドリンクに一工夫して飲んだこと、ある?

運動をする時の水分補給に欠かせないスポーツドリンク。 そのまま飲んでも十分においしいスポーツドリンクですが、…

夏がくる前に痩せたい!夏のかけこみダイエット術!

冬にダイエットをサボっていた人向け!夏本番になる前に毎日手軽にできるダイエット方法をご紹介します。これで半袖…

関西人の8割以上は“自宅”で頻繁にたこ焼き!地域別!【たこ焼き】について徹底調査!

オタフクソース株式会社は、20代~40代の全国の男女500名に対して、「たこ焼きに関する調査」を実施いたしま…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

スポラボ編集部

スポラボ編集部です。スポーツのお役立ち情報やスポーツに関する情報を提供していきます。