ハナマルキ創業100周年記念「みそ作り体験館」

味噌・醸造製品メーカーのハナマルキ株式会社は、11月1日に創業100周年を迎え、記念事業として長野県伊那市のハナマルキ 伊那工場内に「ハナマルキ みそ作り体験館」をオープンすると発表しました。

ハナマルキは、1918年11月1日に長野県辰野で創業し、以来1世紀に渡りみそ作りを続けてきたそうです。今年で100周年を迎え、今後より一層ユーザーに、みその可能性やおいしさの秘密など、みそについて深く知ってもらうために、実際にみそ作りが体験できる専用施設「ハナマルキ みそ作り体験館」を建設。「ハナマルキ みそ作り体験館」は中央アルプスと南アルプスに囲まれた風光明媚な場所に佇み、雪化粧をした山々のような白いフォルムが特徴の体験館です。ハナマルキの100周年のキャッチフレーズは「次の100年へ」とし、みそ作り体験館も次の100年を意識した未来型の施設をイメージ。体験館は2階建てになっており、2階の体験スペースでは、ワイドウィンドウから南アルプスの雄大な自然を眺望しながらみそ作りを体験することができるようです。

また、みそ作り体験館の建設に伴い、伊那工場内・見学者通路に映像設備を新たに設置し、映像で工場内をご紹介できるよう整備しました。見学者通路の案内も体験コースに組み込み、より充実した体験になるよう企画しているようです。

体験内容については、まず、体験館1階の大型モニターにて、みその歴史・基礎知識を学び、その後、伊那工場内の見学者通路にて、工場ではみそがどのように作られているのか映像で楽しめます。そして、体験館の2階体験スペースに移動し、みそ作りを体験します。体験時に仕込んだみそは、館内の醸造用専用発酵室にて管理。約3カ月の発酵期間を経て、郵送で体験者の元に届けられます。今回はオープンを記念し、11月1日(木)から12月28日(金)まで、
来場者に記念品が当たる「みそ作り体験館オープン記念プレセントキャンペーン」を実施するとのこと。ハナマルキの美味しいお味噌がどのように作られているのかが分かる体験館。この機会にファミリーでみそ作り体験に参加してみてはいかがでしょうか。

「ハナマルキ みそ作り体験館」概要
場所: 〒399-4501 長野県伊那市西箕輪2701(ハナマルキ伊那工場内)
営業時間: 平日9:00~16:00(土日祝, 年末年始は除く)
体験時間: 毎週月・水・金曜日(祝日は休業)
      午前10:00・午後13:30の1日2回開催、約90分(工場見学含む)
定員 : 1回20名
体験料 : 2000円(税込)※小学生以下無料(但し、お付き添いの方必)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

“その緊張を、エネルギーに” 本気で向き合い挑むからこそ緊張する受験生を応援!

森永製菓株式会社(東京都港区芝 代表取締役社長・新井徹)は、「inゼリー」の受験生応援企画「受験にinゼリー…

「やらなきゃ」から「やりたい」に変わる!『ADIDAS TRAINING ZONE』

マルチスポーツブランドのアディダス ジャパン株式会社は、2017年2月11日(土)と12日(日)の2日間、「…

関連するキーワード

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

スポラボ編集部

スポラボ編集部です。スポーツのお役立ち情報やスポーツに関する情報を提供していきます。