高血圧予防

春菊にはたくさんの「カリウム」が含まれていますが、このカリウムには高血圧を予防する効果があります。
体内の塩分濃度が高くなると、身体は水分を補給しようとしますが、それによって血液の量が増え高血圧を引き起こしてしまいます。
カリウムは体内に多く溜まりすぎたナトリウム(塩分)とくっつき、尿と一緒に体外へ排出してくれるため、体内の塩分量を減らす事ができるんです。
春菊を摂取する際、鍋料理にすることが多いと思いますが、基本的に鍋物は塩分が高めの料理です。カリウムが豊富な春菊をたくさん入れて食べるようにすれば、塩分の摂りすぎも、少しは解消されるかもしれませんね。

胃腸機能の改善

春菊に非常に多く含まれているβ-カロテンは体内で必要に応じてビタミンAへと変換されます。ビタミンAは粘膜の保護・修復に関わる存在のため、胃腸を丈夫にすると考えられています。ストレスや暴飲暴食でダメージを受けている胃腸のケアとしても効果が期待できるでしょう。加えてリモネンやペリルアルデヒドなどの芳香成分も唾液・胃液などの分泌を促すことで食欲を高め、消化をサポートしてくれると考えられています。
これらの働きから春菊は胃腸そのものの状態を整える・消化吸収を高めると2段階で消化工程を助けてくれると考えられます。胃もたれ・胸焼け・食欲不振・消化不良などの消化器系諸症状緩和に役立つだけではなく、胃腸の機能低下から起こる口臭の予防・改善にも有効とされています。

妊婦さんにも

春菊には葉酸も豊富に含まれています。
葉酸は水溶性のビタミンで、妊娠中や授乳中の女性に必要な栄養素です。
DNAの形成、細胞分裂に深く関わっているため、妊娠初期や妊娠する前に摂取することで、胎児の先天異常のリスクを低下させる効能があります。
また、ビタミンB12とともに赤血球やヘモグロビンの合成を助け、貧血を予防する効果があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

夏のダイエットで注意したいポイント

夏に向けて、または夏の時期のダイエットの注意点。

日本伝統の甘酒。甘酒のスゴイ効果とは?

寒い時期にぴったりの甘酒。 甘酒は飲み点滴と言われるほど、様々な効果があります。 今回は甘酒がもつ効果をご紹…

1229

紅茶は世界中で8割も消費されているお茶なんだそうです!どんな効果があるのでしょうか。

紅茶は世界中で消費されているお茶の約8割をも占めているといわれています。 紅茶はその昔、中国では不老長寿の霊…

関連するキーワード

square

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

JUN

今年も東京マラソンでます!