はじめに

少し前からブームになっているチーズタッカルビとは何なのでしょうか?

今までの韓国料理の言えばサムギョプサルが有名でしたが、今ではチーズタッカルビが飛ぶ鳥を落とす勢いで人気が出ていますね。韓国料理屋さんではもちろんチーズタッカルビのメニューも増やすなどしていますが、このブームに乗っかってきたのが、コンビニのお弁当や、牛丼チェーン店の松屋までチーズタッカルビ定食を出す程です。

今回は話題のチーズタッカルビについて紹介したいと思います。

鶏肉を使った料理

タッカルビとは鶏肉と野菜をコチュジャンベースの辛いソースで炒めたものですね。韓国・春川の名物だが、これにチーズを絡めたのがチーズタッカルビでとろけたチーズを絡ませることで、チーズフォンデュのようにまろやかな味の変化が楽しめます。

チーズタッカルビは、東京・新大久保コリアン街にある「市場タッカルビ」という店が開発した創作料理だそうで、インスタ映えすると話題になり、10~20代の女性の間で爆発的な人気となりました。今やコリアン街のほぼ全ての店が、こぞってチーズタッカルビをメニュー化し、看板にチーズタッカルビ提供店であることをアピールするようになっている程の人気商品となっています。

カロリーは?

チーズタッカルビはチーズを使ったりしているので、カロリーも気になるところです。
タッカルビだけの計算では450グラムに対約585Kcalそこに、チーズをトッピングすると、今回はチェダーチーズを100グラム使用すると約424Kcalよって585Kcal➕424Kcal=1009Kcalとなります。

チーズによってはカロリーも抑えられるので、お好みのチーズを使ってみてもいいかもしれません。

タッカルビは高脂質の料理と言えますが、一価不飽和脂肪酸の含有量が高いです。一価不飽和脂肪酸は善玉(HDL)コレステロールを増加させ、悪玉(HDL)コレステロールを減らすことが分かっています。しかし、脂であることに変わりはなく、過剰摂取は冠動脈疾患のリスクを高める可能性も。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

日本各地のご当地ラーメン(北海道編)

日本各地のご当地ラーメンの特色をご説明します。初回は北海道編です。

北海道産が旬を迎える!栄養の宝庫「じゃがいも」

お馴染みのじゃがいも。これから北海道産が旬になります。栄養も豊富なので、食卓に並べましょう!

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。