今週の土曜日は春のスプリント・マイル王決定戦の安田記念の前哨戦でもある第63回京王杯スプリングカップが東京競馬場にて開催されます。昨年のこのレースでは2番人気でM.デムーロ騎手騎乗のレッドファルクスが直線で後方から一気に脚を伸ばしてクラレント、グランシルク等を撃破しての優勝でした。また昨年の同レースはやや荒れた結果となり3連単の配当は578番人気で15万越えということにもなりました。今年はディフェンディングチャンピオンでもあるレッドファルクスは安田記念に直行との話が出ておりこじょレースは回避といったところでしょうか。それでも今年も安田記念出走、そして春のチャンピオンを狙う強馬たちが今年も名を連ねていますよ。今回は4歳世代の2歳王者でもあるサトノアレスと、昨年の高松宮記念の覇者セイウンコウセイについて書いてみようと思います。

4歳世代の2歳王者!サトノアレス

4歳世代の2歳王者サトノアレスも出走予定となっています。未勝利戦ではサングレーザーといきなり対決も0.2差で完敗。しかしその後は着々と成長を見せ未勝利に勝利し朝日杯フューチュリティステークスではダンビュライト、アメリカズカップ、レッドアンシェル、モンドキャンノなどを制して2歳王者と輝いた感じですが、明けた3歳になってからはクラシック初戦の皐月賞も超高速で更に基礎スピードを思いっきり問われてしまったことで後方からでは全く届かずの11着。今回のメンツからいっても後方からの追走となったとしても、末脚でガツンと一蹴できる感じではないので、やはり好位から徐々に押し上げてといったレース展開になってくるのかなと。トップスピードの質はもちろんトップレベルにはあるものの、グレーターロンドンのそれに比べてしまうと見劣ってしまう感じでしょうね。今のところは予想オッズは1番人気をつけていますが、人気先行しているような印象です。個人的にはマイルから2000mくらいの方が適正のような気もしますし、1400mでとなると血統からいっても・・・というのが個人的な感想です。内枠でスタートよく飛び出せて好位追走であれば浮上。枠と当日の様子で決める感じですかね。

G1馬の逆襲なるか!?セイウンコウセイ

昨年の高松宮記念の優勝馬でもあるセイウンコウセイも出走予定です。一言で言うにであれば、重馬場であれば浮上といったところで、このままの馬場状態であれば、ここは思い切って切ってしまっても良いのかなと感じています。ここ最近のレースを見ても、1200mでは基礎スピード面を思いっきり問われてしまうと末脚を完全に削がれて伸びて来ないし、1400mの京都でも馬場状態はセイウンコウセイ向けではあったものの、ペースがゆったりとなってしまうとサングレーザーにまったく歯が立たなかったといった結果内容でした。前走の高松宮記念では33秒かなりハイで入っての勝負に出たものの、最終的には35.5とファインニードルに比べれば1秒近くも劣ってしまっている感じ。どの流れになればセイウンコウセイが勝てるパターンなのかなと色々想像はするのですが、なかなか勝ちパターンが見いだせてません。昨年の菊花賞や天皇賞秋くらの泥んこ状態になればってところでしょうかね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ダノンプレミアムが圧勝!今年の朝日杯フューチュリティステークス

とにかく強かったというのが印象です。来年のクラシックが楽しみです。

底力を見せつけたミッキークイーン!今年の阪神牝馬ステークス!

昨年の有馬記念組が躍動中。 ミッキークイーンが圧巻のゴール!ヴィクトリアマイルへ向け好スタート!

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。