先週の日曜日に阪神競馬場にて開催された3歳クラシック開幕戦の桜花賞は、ロードカナロア産駒のアーモンドアイが、圧倒的1番人気のラッキーライラックを鮮やかに差し切る印象的なレース内容で優勝しました。そして今週の日曜日は、中山競馬場にて3歳牡馬クラシックが開幕。そう、皐月賞です。その世代最も速い馬が勝つと言われている皐月賞。昨年はアルアインが好位からの追走で優勝。今年は一強とも言われていたダノンプレミアムが怪我で出走回避となったことで、混戦が予想される感じです。今回は弥生賞ではダノンプレミアムに負けはしたものの上がり3ハロン勝負ならナンバー1のワグネリアンと、血統はマイナーも実力馬にも引けを取らないオウケンムーンについて書いてみようと思います。

まとめて差し切ることができるか!?ワグネリアン

昨年末にはモーリスの弟にあたるルーカスを打ち破り、いよいよ名実ともに人気馬となってきたワグネリアンも皐月賞に出走予定です。ワグネリアンもステルヴィオと同じように、ここまで出走してきて負けたのはダノンプレミアムのみといった感じで、もちろん優勝候補の一角。当日の単勝オッズはステルヴィオかワグネリアンが1番人気を背負うことになるのは間違いないかなといったところでしょうか。普通に考えればこの馬は来るというのが単純論になりますかね。前走の弥生賞では直線で一旦置かれて、完全にダノンプレミアムが突き抜けてしまった結果でしたが、陣営の話しでは前日が強風でカイバを食べなく、馬体重プラスで出走する予定がマイナスとなっての出走だったとか。鞍上の福永騎手も今日はちょっとイラついている感じでキツイかなとレース前に予感はしていたとのこと。それでも結果は2着と上々で、精神面も上乗せがある分、この皐月賞では十分に狙えると判断しているようです。強みは末脚で、4戦中3戦の上がり3ハロンは最速。今回の皐月賞のメンバー中でも上がりだけみれば最速なのは間違いないかなと。最も速い馬が勝つ皐月賞において、今回の最有力候補といっても過言ではないのかなと感じます。ただ弥生賞とは違って出走頭数が多いため捌けるかということと、仮に大外をぶん回した時に届くのか?といったところ。ステルヴィオを目標として捉えてしまうと、逆に置かれてしまう可能性もあるので、一か八か、中団前目の外寄りを通したいところ。中枠を引けたら連対を視野に入れようかなと思います。

国枝調教師のアーモンドアイのようにVなるか!?オウケンムーン

共同通信杯から勝ち上がる馬には注目といったところで、今年の共同通信杯を制したのがオウケンムーンです。過去を見てもチューリップ賞の勝ち組が皐月賞候補とはなっていますが、2012年ゴールドシップ、2014年イスラボニータ、2016年ディーマジェスティと、偶数年で共同通信杯制した勝ち馬が皐月賞を獲っている感じです。12、14、16年ときたら、やはり期待したくなる2018年の勝ち馬。それがオウケンムーンです。血統的にはジャングルポケット系で父はオウケンブルースリ。京都大賞典でも勝利し、ジャパンカップでも2着と中距離を得意としている血統。ということですので正直なところ狙うのはここではなくダービー以降。更に古馬になってからの方が期待は出来る感じでしょうか。それでもジンクス的に抑えておかなくてはならないのかなという感じですかね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

今週末は北海道に行こう!函館スプリントステークス

今週は本州を突き抜け北海道へ。函館競馬場にて函館スプリントステークスが開催されます。

規格違いの末脚で優勝はサトノワルキューレ!今年のフラワーカップ

先々週の日曜日に東京競馬場にて開催されたフラワーカップは、規格違いの末脚を披露したサトノワルキューレが圧巻の…

第58回 宝塚記念!Wミッキーがレースを制す!?

今年で58回となった宝塚記念。道悪が予想されますが、どの馬が勝利の美酒に味付けるのか!?

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。