8時間ダイエットとは

ダイエットで一番きついのが食事制限。
ついつい我慢できなくて食べてしまいますよね。
そんなあなたにおススメの8時間ダイエットなんです。
8時間ダイエットとは、食事をとる時間を24時間に内の8時間に済ませ、残り16時間食事をとらないというダイエット法です。
それだけでいいの?っと思いますよね。
次に8時間ダイエットのポイントをご紹介します。

ポイントとは

食べる時間は8時間以内に抑えることが最も重要なルールです。
例えば朝9時に食べ始めたら17時までに夕食を食べ終える。
12時に食べ始めたら20時までに食べ始めるなどとにかく16時間は胃を休め事が大事なポイントなんです。
そして食事時間を決めたら、毎日同じ時間に食事をし体内時計を整えることで代謝もアップします。

一番のメリットとは

基本的に好きな食べ物を我慢する必要はありません。
好きなものを食べれるのが8時間ダイエットの魅力です。
だからと言って一日の摂取カロリーを超える食事をするのはダイエットの意味がありませんので好きなものは食べても良いですが、カロリーが高いもの、糖質が高いのもなどは控えましょう。
また水分はしっかり摂取することがおススメです。
8時間以内に食事を済ませなければいけませんが、水分を摂取するのは問題ありませんのでこまめに取ってください。

リバウンド防止にも良いらしい

8時間ダイエットでは、16時間は絶食している状態になるため、当然その時間の摂取カロリーが抑えられることから、比較的短期間で体重を落とすことができると言われています。

その一方、食事の仕方をそれまでのものに戻すと、摂取カロリーが増えてしまうことから体重がどんどんと増えてしまいます。

いわゆるリバウンドが行った状態なのですが、8時間ダイエットによるリバウンドは食事の仕方を元通りにしたら、必ずしも誰もが陥ることではありません。

8時間ダイエットの期間中に、有酸素運動を始めとしたエクササイズやトレーニングで筋力アップを図っていると、例え食事を前のように戻しても、筋肉によって代謝が上がっているためリバウンドを防ぐことができます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

カレーが食べたい!!それって風邪の兆候かも。

テレビでご紹介されたこともあるので、ご存知の方も多いと思いますが、『カレーが食べたい』と思うときは風邪の前兆…

「疲れ目」の対処法は、温めるか冷やす、どっち?

パソコンやスマホを長時間利用するなど、目を酷使することが多い現代社会では、「疲れ目」や「眼精疲労」に悩まされ…

平熱を上げて免疫力を高めよう!

免疫力を高めたければ平熱をあげよう!

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。