風邪をひいたわけでも花粉症でもないのに鼻がなんだかムズムズ。あまりのムズムズに気になって鼻をかむと出血していてびっくり、なんて経験はありませんか。

その症状、ドライノーズかもしれません。

ドライノーズってなに?

ドライノーズを簡単に説明すると、ドライアイ、ドライマウスと同じく乾燥のせいで起きる鼻限定の症状のことです。別の呼び名を乾燥性鼻炎と呼びます。

ここからはそんなドライノーズ(乾燥性鼻炎)の症状と原因について説明していきますね。

ドライノーズの症状には

・鼻のむずむず
・鼻くそが増える
・鼻をかみたくても、いくらかんでも鼻水が出ない
・鼻の穴がピリピリする
・鼻をかむと出血している
・かさぶたみたいなものが鼻の中にできる

などがあります。

ドライノーズになってしまう原因

ドライノーズは名前の通り、鼻の粘膜が乾燥してしまっていることが原因で起こります。

ドライノーズを起こさせる最強なコンビは、「暖房」と「隙間風の吹かない気密性のある部屋」。

このコンビは乾燥した空間を作り出す最高のコンビでお部屋がいっきに乾燥してしまいます。あなたが普段過ごす場所の環境はどうでしょうか?

ドライノーズにならないためには

ドライノーズを予防するにはまず、「保湿」と「加湿」が必要になってきます。保湿と加湿をすれば鼻の乾燥は防げますのでドライノーズを予防することができます。
【 保湿対策 】

ワセリン、顔用の保湿クリームなどを綿棒で鼻の穴に一日数回塗る
マスクをつける
ドライノーズ専用のスプレーをする。

【 加湿 】

濡らしたマスクをつける

・加湿器をつける
・暖房をつけっぱなしにせず換気する
・部屋に観葉植物を置く
・濡れタオルや洗濯物を室内に干す
・床を水拭きする
・お風呂のドアを開けておく
・コップ1杯の水を身近におく

加湿をする際に注意したいのが加湿のしすぎです。湿度が60%を超えるとダニやカビなどが発生しますのでご注意を。

あくまで室内の湿度は50%くらいを心がけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

スーパーフードの力

スーパーフードの始まりは1980年代頃のアメリカやカナダで、食事療法を研究する医師や専門家の間で、有効成分を…

過剰摂取は禁物?!「プロテイン」のメリットとデメリット

いまやアスリートだけではなく、一般の方でも利用者が増えている「プロテイン」ですが、必ずしもメリットだけではな…

メロンの力

メロンて美味しいですよね

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。