はじめに

日本の野球の歴史からすると、ガムを噛んでプレーをするなどご法度ですね。しかし、アメリカメジャーリーグの選手はほとんどの選手がと言っていい程ガムやひまわりの種を噛みながらプレーする姿が見られます。
これはただガムを食べたくてプレーしているわけではないのです。
日本人は、そのガムを噛む姿を見てだらしないなど、ガムを噛むと唾液も出るので、ツバをグラウンドに吐く行為は良くないとしています。
そんなガムを噛む事によってどんな効果があるのか少し紹介したいと思います。

ガムを噛む効果とは

スポーツの世界では、ベストパフォーマンスを出せる心拍数というのは
1分間に135回と言われています。過度な緊張や、興奮によって心拍数が上がり過ぎないようにガムを噛むことで、心拍数を調整して緊張を解すことができるので、試合中もずっとガムを噛んでいる選手が多いそうです。ガムを噛むという行為が、自然に継続したリズミカルなそしゃく運動になって、脳への血流がよくなり、さらに心拍数の安定に繋がります。
心拍数が安定すれば、自然とリラックス出来ていつものプレーが出来るという事ですね。

最後に

あくまでもガムを噛む行為とは、一流の選手でさえ緊張のあまり固くなるのを防ぐ為の1つの道具ですね。日本のアマチュアでガムを噛む行為は認められていませんね。野球に限らず日本人が行うスポーツは礼儀を重んじる部分もあるからかもしれませんね。緊張しないようにガムを噛まなくていい程の練習量をするのが日本人の精神かもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

準永久欠番

準永久欠番とは、永久欠番となったが本人が辞退、禅譲したことで、別の選手が着用する際は該当者の許可ぎ必要とされ…

隠れた名作野球漫画「名門!第三野球部」の魅力

アラフォー世代が夢中になった懐かしの野球漫画、「名門!第三野球部」をご紹介します!

ベイスターズ、優勝への道 vol.51 〜残り10試合!最後の敵地3連戦!中日戦&阪…

1つ1つの勝ち星がベイスターズの優勝につながることを信じて

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。