黒豆とは

栄養価が高い黒豆は表面の皮が黒い大豆の事を指します。黒豆は大豆の一種で、大豆には、黒豆の他に青大豆、赤大豆などの種類があります。黒豆は、日本に武士がいた時代から食べられていた食材の1つで、美肌効果、血液サラサラ効果、老化防止効果など、様々な効能も期待出来、甘みもあるため、子供からお年寄りまでとても食べやすく、仕事に精を出せるようにという願いを込めておせち料理にも使われている食材です。黒豆の調理が難しく感じる場合はすでに調理済みの煮豆としても販売されているので気軽に摂取するの事も可能です。

栄養素

黒豆の黒い色素には、豊富なアントシアニンが含まれています。このアントシアニンは、ブルーベリーにも豊富に含まれている栄養分の事で、眼精疲労や視力アップに効果が高いだけでなく、アンチエイジングや血液をサラサラにする効果も高いと言われています。また、黒豆に含まれるイソフラボンは、更年期障害や骨粗しょう症の予防にも効果が期待出来ます。
更に黒豆には血圧上昇抑制、コレステロール調整、疲労回復、ボケ予防に効果のある栄養分が含まれているため、毎日少しずつ食べる事で、体にも様々な効能が表れると言われています。日々の食事に取り入れる事が効果に繋がります。

乾燥黒豆

お惣菜を購入するより乾燥黒豆を保存して調理をすればコスパも良く好みの味、量が作れます。乾燥黒豆は湿気が苦手なので、保存する場合には、通気性の良い紙袋に入れて、冷蔵庫に保存。タッパーや瓶など湿気が入りにくい入れ物で保存しましょう。水に戻した黒豆は、3日ほどで食べきれるのがベストですが、すぐに消費できない場合には、冷凍保存しておくのが良いでしょう。冷凍した黒豆を解凍する時には、自然解凍をすると、おいしさや食感が失われにくいと言われています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

次はこれが来る!!注目のスマホアプリとは??

日本でもリリース。スターバックスコーヒ公式アプリ登場!! スタバをもっとたのしくスマートに!!

1家族一回限りの無料サンプル請求