味噌汁の魅力

味噌汁は、具材の種類が多く選べ、好みや気分によって具材を変えたり、取りたい栄養素のある具材を入れたり、無限大にバリエーションを楽しめるのが魅力です。
味噌汁のオーソドックスな具材と言えば、豆腐やワカメ、油揚げなどですが、アサリやシジミの味噌汁も味だけでは無く最近は健康面でも人気があります。小松菜や白菜などを味噌汁に入れるのも野菜が摂取出来て嬉しいですね。きのこ類なら、やはりなめこの味噌汁が古くから人気がありますね。しいたけ、えのき等キノコ類で食物繊維が豊富になります。具材の好みの違いはあっても味噌汁が嫌いという人はあまり居ませんし、バリエーションが豊富で毎日飲んでも飽きない、ご飯類とのお供に合い、手軽に飲めるのも味噌汁の魅力です。

残ったら

調理済みの味噌汁、残ったらどの様に保存したら良いのでしょうか。具材によっても異なりますが、傷みやすいのがアサリやシジミなどの貝類や、なめこなどのきのこ類なので、これらの味噌汁は、調理の当日か、次の日までには食べきった方が良いので作り過ぎに注意しましょう。野菜類のネギや大根、小松菜などの野菜系の具材を使った味噌汁は、具材自体が悪くなる事はあまりないのですが、お味噌の風味が消えてしまいますので、調理から3日以内には食べきった方が良いでしょう。どちらにせよ安全面、味を考慮し、味噌汁の保存は冷蔵庫で行い、食べる前に暖める事をオススメします。

是非

味噌汁は具材によるバリエーションが多く、日本食、和食ならどんな物にも合いますし、工夫一つで栄養分が豊富になります。寒い冬は身体の芯から温まります。食生活が偏りやすい方へも具材次第でオススメになります。是非今夜は好きな具材でいかがですか。

関連するまとめ

深刻な問題!「孤食」が心身に与える影響とは?

孤食化の原因としては、現代のライフスタイルの変化にあると思われます。女性の社会進出によって共働き家庭が増え、…

大河原奈々未 / 2045 view

睡眠時間より睡眠の質を高めよう

十分に睡眠をとっているはずなのに眠たい、寝た気がしない、昼間に眠気がする などのような感覚をもったことがある…

中山葵 / 150 view

青森が全国に誇る夏の一大イベント「青森ねぶた祭り」。由来や掛け声の意味を紹介します。

東北の夏を代表する祭りのひとつ、青森ねぶたは昭和55(1980)年に国の重要無形民俗文化財に指定されました。

takuji / 430 view