目覚めの「コーヒー」「紅茶」、実は良くない?!

朝は一杯のコーヒーから一日をスタートされる方も多いのではないでしょうか。「コーヒー」と言えば、眠気覚ましに効果の期待できるとカフェインを思い浮かべる方も多いことでしょう。カフェインには、中枢神経を刺激して脳を覚醒させる作用と、アデノシンと呼ばれる睡眠物質を抑制する作用があるため、コーヒーを飲むと眠気を抑えることができます。

このため、朝にコーヒーを飲めば眠気もスッキリ、、、と思われがちですが、実はそこに落とし穴があるようです。これには、脳の覚醒を促すコルチゾールというホルモンが関係するそうです。コルチゾールは明け方に増え始め、起床時にピークを迎えて、その後1時間くらいの間、高い水準を維持するそうです。その時間帯は午前8時~9時になるらしいので、この時間にコーヒーを飲んでしまうと、覚醒しようとしている体に余計なカフェインを摂取することになってしまいます。これを続けてしまうと、カフェインが効きにくい体になり、さらにカフェインの過剰摂取につながることが危惧されるそうです。コルチゾールの血液濃度が高まるのは、他に正午~13時と17時半~18時半の時間帯も当てはまるそうなので、これらのタイミングでコーヒーを摂取するのも避けた方が良いみたいです。

ずばり、「コーヒー」を飲むベストなタイミングは、コルチゾールが減少する9時半~11時半になるそうです。また、脳の覚醒作用は6時間ほど持続するので、深夜0時に就寝する場合は夕方の18時以降にコーヒーを飲むのは控えましょう。

同様に、「紅茶」「緑茶」などの茶類にもカフェインが含まれています。コーヒーよりはカフェインの影響を受けにくいですが、それでも朝・夜に大量摂取するのは避けましょう。お茶の中でもノンカフェインの「麦茶」は朝飲むのにピッタリです。

また、「緑茶」などに含まれるテアニンという物質には、脳の興奮系神経を鎮めることで、リラックス効果をもたらします。日中にテアニンを摂取しても眠気を誘うことがないようなので、お昼に飲む「緑茶」は午後からの仕事に良いリラックス効果が期待できます。

「野菜ジュース」は柑橘類が含まれているかで変わる!

「野菜ジュース」は成分が野菜なので、基本的にどの時間に飲んでも問題はないようですが、ダイエットされている方には、代謝と血流を良くする効果が期待できるため、朝飲むのがおすすめです。

ただ、「柑橘類などが含まれている野菜ジュース」は、朝に飲むのを控えましょう。柑橘系の果物には、ソラレンという物質が含まれており、摂取すると肌が紫外線を吸収しやすくなるというデメリットがあるんです。晴れた日の朝ならば、柑橘系のものを飲むのはやめておきましょう。ただ柑橘系に含まれるビタミンCにはメラニンの生成を抑制する働きがあるので、肌のシミを防ぎます。ソラレンは摂取してから約8時間程度で、代謝されると言われているので、夕食時に摂取すれば、朝には代謝されているので、夜に飲むのがおすすめですね。

また、シミが気になる方は、朝に「トマトジュース」を飲みましょう。トマトに含まれるリコピンにはメラニン生成を促進する活性酸素を取り除く働きが期待できます。

朝食代わりの「グリーンスムージー」はいいことだけじゃない?!

では、生の葉野菜とフルーツと水をミキサーで混ぜ合わせたジュースである「グリーンスムージー」はどうでしょう。加工する際に加熱・殺菌処理を行っている市販の野菜ジュースよりも、より効率的に栄養分を摂取出来るのが魅力で、1日1食と置き換えればダイエットにもつながり、多くの方が飲まれています。

とはいえ、朝食を置き換えるのは必ずしも良いことだけではないようです。野菜ジュースと同様、含まれる成分によっては体に悪影響があることも考えられるからです。材料を選ぶ際には、それぞれの野菜・果物の成分を調べてからにしましょう。

ちなみに「グリーンスムージー」は1時間ほどで消化されるそうなので、夕食と置き換えれば、胃に食べ物が残った状態で寝てしまうことを避けられます。

「牛乳」「豆乳」はベストなタイミングで効率よく!

「牛乳」は胃腸に刺激を与えてくれるので、目覚めてすぐの場合、便秘解消の効果が期待でき、寝る前の「牛乳」は骨からカルシウムが溶け出すのを予防してくれます。骨が最も成長するのは夜10時から夜中2時までの間と言われているので、寝る前にコップ一杯の「牛乳」を飲んで寝ると、骨の成長にもカルシウムが効率よく働いてくれるようです。

「牛乳」はいつのんでも良いですが、自分に合ったベストのタイミングで飲むと良いでしょう。これは「豆乳」にも言えることで、豆乳に含まれる大豆サポニンには、脂質・糖質の吸収を抑え、満腹中枢を刺激する効果があるので、食事の際に飲むと食べすぎを防いでくれます。

さらに「豆乳」に含まれる大豆ペプチドには脂肪の燃焼を促し、基礎代謝を高める働きがあるので、朝に「豆乳」を飲むと、通勤などの軽い運動でも、脂肪燃焼効果を高めてくれるようです。

また、睡眠中は日中にダメージを受けたお肌や筋肉が修復される時間なので、夜に「豆乳」を飲んでおくことで、大豆イソフラボンがコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促すので、肌の保湿力を強化する作用も期待できます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

黒豆の魅力

黒豆の期待出来る効果をご紹介します。

リサイクル⁉︎

リサイクルと言う言葉をよく耳にしますが、 リサイクルとはどんなことなのでしょうか。

1家族一回限りの無料サンプル請求

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。