体調不良でも安心

風邪をひいて寒気がするとき、ちょっと体調がわるいときが誰にもあると思います。そんな時お風呂に入るのさえ億劫になりますよね。疲れ切ってしまう事もあるかも知れません。また体全体をお湯に浸す入浴は体や心臓や内臓機能への負担が大きく、体力を消耗してしまいます。体調が悪い時に無理して入力すると、体力や抵抗力が奪われ、ますます体調が思わしくなる事もあります。その点足湯は足しかお湯に付けませんので、心臓や体への負担がとても少ないので体力を奪うこともありません。そして体を温めてくれますので抵抗力が上がって、体調不良の改善にも効果的に働いてくれます。

やり方

まずはバケツを用意します。両足が入るくらいの大きさで足首くらいまでお湯に浸かる深さがあれば器はなんでもOKです。次は器に入れるためのお湯です。まずはぬるま湯、冷めたあと用の熱いお湯が良いですね。時間が経つと器に入れたお湯が冷めてくるので、適温を保つためです。足湯からあがったときに水分を拭き取るためにタオルを用意しましょう。そしてここ重要、足湯からあがってから足を冷やさないために、靴下やレッグウォーマーを着用しましょう。上半身も冷えないように、ストールやバスタオルも良いですね。

さあ、入ろう

足湯のやり方の手順です。足首までつかるくらい、溢れない程度にお湯を入れる。そして足首まで両足を入れる。そのままだとお湯が冷めやすいので容器の上にタオルをかけると保温効果が持続します。足湯の効果を得るためにも15分から20分は足を浸しておきましょう。入っているうちに温度が下がってくるので用意しておいた熱湯を火傷しないように足して温度を調整していきます。足湯終了後はタオルでよく水気を拭き取りましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

食べるなら腹八分目!?

「腹八分目に医者いらず」と昔から日本では言われていますよね。 それには理由があったのです。

週末だけの運動でも効果がある⁉︎

いくら健康に良いとを理解していていも、現代人は忙しく、運動習慣のない人がいきなりウォーキングなどの運動の時間…

畑のお肉!?大豆が原料の豆腐

何気に食べている豆腐について調べてみました。結構なスーパーフードというのがわかりますよ。

1家族一回限りの無料サンプル請求