オリーブオイルとは

オリーブ樹の果実のみから採油されたもので、溶剤の使用、再エステル化等の処理を一切行わずに採油されたオイルです。
オリーブオイルは、身体にとても良い脂肪酸で組成されています。
なかでも一番多く含まれるのは、オレイン酸です。

一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸は、悪玉コレステロール(LDL)を減らし、善玉コレステロール(HDL)は維持するというとても賢い働きをしてくれます。
LDLは動脈硬化の大きな要因でもあるので、これを減らすことは、動脈硬化によって引き起こされる生活習慣病予防につながります。
また、人間の体内では生成できない必須脂肪酸である多価不飽和脂肪酸のリノール酸とα-リノレン酸も適度に含まれているため、オリーブオイルは人間の身体にとって、バランスの良い理想的な脂肪酸構成だといえます。

オリーブオイルの効果

・肌への作用
オリーブオイルを肌に使用することによって、優れた保湿力が発揮されますので、皮膚がカサカサするのが気になるという人のケアに向いています。
また、シミやシワを未然に防ぎたい人のケアにも向いていて、老化肌の対策をしたい人にピッタリです。
そのほか、オリーブオイルには抗炎症作用もあるので、紫外線による日焼けをはじめとする炎症のケアにも使えます。

・筋肉への作用
マッサージをする際に、トリートメントオイルとしてオリーブオイルを塗布すると、皮膚の軟化作用がもたらされることで筋肉疲労や筋肉痛が軽減されます。
そのため、アスリートに限らず体を動かす習慣がある人が、運動後の筋肉のケアとして役立てることにも適しているそうです。

・体内への作用
オレイン酸にはコレステロール値の低下、動脈硬化や心臓の病気の防止、便秘の改善、リノール酸にはコレステロール値の低下、血圧や血糖値の降下、老化防止、ビタミンEには生活習慣病の予防や改善、活性酸素の除去、血のめぐりの改善、ビタミンAには目の機能改善、皮膚や粘膜の免疫力アップ、抗酸化作用、食物繊維には整腸作用、便秘改善、コレステロール値の低下などが期待されています。
体の外側だけでなく内側からも健康、きれいでいたいという人が日々取り入れるのに適しています。

・髪への作用
髪の地肌に溜まった汚れをオリーブオイルできれいにすることにより、頭皮の環境がよくなります。
栄養成分も十分に行き渡るようになり、抜け毛を未然に防ぐ効果効能が期待されています。


オリーブオイルには健康や美容に関するたくさんの効果効能を望むことができますね。
オリーブオイルでいろいろ試してみてはいかがでしょうか。

関連するまとめ

日本の伝統衣装!「着物」と「浴衣」の違いって?

夏も近づき、夏祭りや花火大会などのイベントが楽しみになってきますね。こんな時は「浴衣」の出番ですが、「浴衣」…

ハイブランドってなんであんなに高いんでしょうか?フランス生まれのハイブランドをご紹介…

今や日本でも定番のハイブランドの数々。1つ買うのにも何万円と払わないと手に入れることも出来ませんよね。少しず…

まさかの日本発だった!?世界の人々の足をサポートするあのメーカー!

私もたくさん持っているあのスニーカーブランド。まさかの日本発だったとは知りませんでした。