先日、朝のニュースで取り上げられていた「まつげダニ」。初めて聞くその名前にビックリしてしまいました。みなさんはご存知でしたか?実はある調査によると、なんと日本人の5人に1人はこのまつげダニに苦しめられているそうです。そんなに?!と驚いたのは私だけではないはずです。しかも、まつげダニがいるとしたら、1人当たりで400万匹もいるのだそうです。まさかの数に驚きを隠せませんでした。もしかして、私にも・・・。と怖くなってしまったので、原因から対処法までを調べてみることにしました。

■まつげダニとは?

まつげダニというのは通称で、正確には「デモデックス(Demodex)」と言われている「ニキビダニ」の一種です。ヒトの毛根部分に生息するもので、体長は0.35~0.4mm程度ととっても小さいため、人の目では直接確認することはできません。まつ毛の根元や瞼の内側は、皮膚が邪魔をしてクレンジング成分も届きにくいため、毛根部の栄養を主としているまつげダニにとっては、絶好の棲みやすい場所と言えるのです。

■症状にはどんなものがあるのでしょう?

・目や目の周りの炎症

まつげダニが棲みつくと粘膜である目や目の周囲に炎症をおこすことがあります。目がゴロゴロする、猛烈にかゆい、充血するなどの症状があるときはまつげダニを疑った方がよさそうです。また「ものもらい」がよくできる人もまつげダニが棲みついている可能性があります。

・急にまつげが抜ける

まつ毛には毛周期というものがあって、生え変わる周期もあるので全てにおいてまつげダニの仕業と言うことも出来ませんが、ダニが繁殖してしまうと皮脂などを食べていって、まつ毛の成長に大切な分までなくなってしまい自然とまつげが抜けていったりします。

・ドライアイ

目を乾燥から防ぐ皮脂腺が「マイボーム腺」です。ダニが棲みつくとこのマイボーム腺をふさいでしまうことから皮脂の分泌が衰えることも考えられます。このため目が乾燥しやすくなりドライアイの原因となってしまいます。

■まつげダニが出てくる原因とは?

どうしてまつげダニは繁殖していくのか、原因を調べてみました。何気なくやっていることが危険だということがわかったので是非参考にしてみてください。

・アイメイクしたまま寝てしまう

化粧をしているとわかると思いますが、時間が経つと皮脂が出てきて少しずつ崩れてきます。その出てくる皮脂がまつげダニの大好物である餌になります。また、夜行性なので夜、化粧を落とさずそのままにしておくと、餌を見つけて皮脂の部分に集中してくるので痒みが酷くなってしまいます。飲んで帰った日など、ついつい化粧をしたまま寝てしまうなんてこと、ありませんか?

・汚れが落としきれていない

皮脂や汚れなどがまつげダニの餌なので、汚れはキレイに落とさなければ繁殖してどんどん増えていきます。化粧を落とすのにクレンジングが必要ですが、面倒だから簡単に済ませてしまえばいいと思っていませんか?化粧は落ちても毛穴に詰った汚れなどが残ったままで、その汚れがまつげダニの餌となり、まつげダニが喜ぶ環境になってしまいます。「今日はすっぴんだったからいいや」という人も注意です!まつげダニは根本に潜んでいるので、1日の中で1度も顔を洗わない状態になってしまうと、皮脂や空中にある汚れが付いたままになってしまい結果的にそれも餌となってしまいます。

■対処法にはどんなものがあるのでしょう?

ここからは、対処法についてご紹介させていただきますので是非参考にしてみてください。

・眼科でチェックしてもらう

まずは、専門の医師に診てもらうのが1番安心です。繁殖していると、根本部分に潜んでいてすぐにわかるそうです。痒みを感じてまつ毛が抜けるようになったらすぐに眼科へ行きましょう。悪化してしまうと炎症してしまう可能性もありますので、早い対応が重要となります。

・洗顔で目元をキレイにする

結局は目元に汚れが付いていて、まつげダニの餌になってしまい症状が悪化してしまうのであれば、日々の洗顔から変えていかなければなりません。手間がかかるのが嫌という人は、ダブル洗顔不要のクレンジングなどを使うのがオススメです。重要なのは質のいい洗顔ということになります。

・アイシャンプーでダニを駆除

まつげダニは1度棲みつくと部位が残っていれば身体が千切られても再生してしまいます。繁殖して手に負えない時は、なんと駆除するために手術が必要になることもあるそうです。常に清潔にしなければなりません。最近では、まつ毛専用の洗浄液「アイシャンプー」というものが販売されているそうです。アイシャンプーなら目にも優しく洗浄だけでなく、育毛効果としても期待されているので今とても注目されているそうです。

・アイメイクをお休みして美容液でケア

まつげダニの餌の元が、メイクから出てきた皮脂や汚れなので、休日はすっぴんでいることも大切です。汚れなどから守るために一緒に「まつ毛美容液」を使うと更に効果的です。また、まつ毛美容液には育毛効果があるものもあるので、塗っておくことによって抜けにくく、育毛環境を向上してくれます。アイシャンプーを使うのもいいですが、その後のアフターケアも大切となります。

質のいい洗顔、化粧をしたまま絶対に寝ない、アイシャンプー、美容液ケア...。対処法の中には、自分で出来ることがたくさんあることが分かりました。いまのところ、気になる症状はなかったので、日頃からのケアに努めていきたいと思います!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

人気お花見スポット〜中国地方編〜

人気お花見スポットの中国地方編です。

北海道来たら行くべきスポット(道東、道北編)

遠くて行きづらいけど、行く価値満点。一度は行っておきたいスポット目白押しです。

また注目の炭酸水

炭酸水の爽快感を演出。なぜこんなに炭酸水が流行っているのでしょうか?

1家族一回限りの無料サンプル請求

madoka

男の子2人、女の子1人の3児の母です。
主婦目線、働くママ目線の話題をお届けします♪