9/1 vs 巨人 21回戦(横浜スタジアム)

大事な3連戦初戦、、、菅野の前に打線沈黙、、、

大事な3連戦初戦、、、菅野の前に打線沈黙、、、

ベイスターズ 0-3x ジャイアンツ

勝:菅野智之(14勝5敗0S)
S:カミネロ(2勝5敗24S)
敗:井納翔一(5勝8敗0S)

本塁打
巨人 阿部慎之助 15号

3位のベイスターズにとって、4位・巨人との大事な3連戦の初戦、、、チャンスは作るも菅野の前にあと一本が出ず、、、

横浜先発は井納翔一も頑張りましたが、巨人の菅野が一枚上手でしたね。試合は0-3の巨人リードで迎えた9回表に雨天コールドとなりました。本拠地では3試合連続サヨナラ勝ち中だっため、裏の攻撃に期待したかったんですが、、、それまでに決められなかったことが全てでしたね。ベイスターズは度々チャンスを作ったものの、10残塁で無失点でしたから。これで巨人戦は6連敗で、今季の負け越しも決定してしまいました。

これで3位横浜と4位巨人の差は、、、「1.5」!!

9/2 vs 巨人 22回戦(横浜スタジアム)

打線沈黙で完敗、、、その差、遂に「0.5」の崖っぷちに、、、

打線沈黙で完敗、、、その差、遂に「0.5」の崖っぷちに、、、

ベイスターズ 1-3 ジャイアンツ

勝:畠世周(5勝1敗0S)
S:カミネロ(2勝5敗25S)
敗:石田健大(4勝6敗0S)

この日も、打線が沈黙、、、相手より多くヒットを放ちながらも、散発で1得点のみ、、、これじゃ勝てませんな、、、

横浜先発は石田健大は6回途中まで1失点と粘投しましたが、リリーフ陣が粘り切れず、、、本来なら打線がこれをフォローしなければでしたが、巨人先発の畠に筒香嘉智の先制点止まり、、、この日も完敗と言っていいでしょう。

これで巨人戦7連敗、、、横浜と巨人の差は遂に「0.5」に、、、

9/3 vs 巨人 23回戦(横浜スタジアム)

チームの危機を、ルーキーが救う!!濱口、気合の投球で3位死守!!

チームの危機を、ルーキーが救う!!濱口、気合の投球で3位死守!!

ベイスターズ 1-0 ジャイアンツ

勝:濵口遥大(9勝5敗0S)
S:山﨑康晃(4勝2敗22S)
敗:マシソン(3勝3敗2S)

負ければ、巨人に3位の座を明け渡すことになる崖っぷちの一戦。しかし、この日も横浜の打線は沈黙。そんな嫌な流れをルーキーが救いました!!

この日は横浜先発の濱口遥大と巨人・マイコラスの息詰まる投手戦となりました。濱口は5回まで巨人打線をノーヒットピッチング。その後も8回まで無得点に抑える好投、、、これに横浜打線がなんとか答えました。8回裏、マシソンから倉本寿彦がヒットで出塁すると、桑原将志もヒットで続き、1・3塁のチャンスを作ると、2番の柴田竜拓が犠牲フライで1点を先制!

そして最終回の9回表、マウンドに上がった守護神の山崎康晃が1死2・3塁の大ピンチを迎えますが、3番坂本、4番阿部を打ち取りゲームセット!!
負けたら、Aクラス転落の危機でなんとか踏みとどまりました!!

この大事な試合はやはり、濱口の好投が光りましたね。ピンチを迎えてもなんとか抑え、雄たけびを上げるルーキーは頼もしかったですね。濱口は8回2安打無失点で9勝目!!これは10勝が見えましたね。このまま勝ちを重ねて、新人賞も取って欲しいなぁ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

今シーズンのプロ野球新人王発表

今シーズンの新人王を発表します。

開幕間近!オリックスバファローズVS東北楽天ゴールデンイーグルス

プロ野球開幕も残りわずか。 今回はオリックスバファローズと、東北楽天ゴールデンイーグルスの開幕投手を紹介して…

メジャー式野手の指標

メジャーには色々なデータがあります。

1家族一回限りの無料サンプル請求

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。