広島カープ 1-9 ヤクルトスワローズ

広島カープ 1-9 ヤクルトスワローズ

勝: 小川泰弘 (5勝4敗)
負: 薮田和樹 (9勝2敗)

ミスからの大量失点。やはりミスは流れを変えてしまいますね。
投打ともに噛み合わず、ヤクルトスワローズに完全に敗戦してしまいましたね。

広島カープ先発は薮田和樹選手。
初回、バレンティン選手に5試合連続となるソロホームランを打たれ先制されてしまいましたが、2回に0アウト1,2塁のチャンスで安部友裕選手のタイムリーヒットで同点に追いつきました。しかし、そのチャンスは後続が続かず追加点ならずで、同点止まり。5回に1点を追加され6回、1アウト1塁でバレンティン選手の打球を名手菊池涼介選手が後逸し、ピンチを広げてしまうと、続く山田哲人選手に3ランホームランを打たれてしまうと、続く大松選手にもソロホームランを打たれ、この回4失点。ミスからの大量失点でしたね。
9回にも3点を取られ、終わってみれば1-9の敗戦。広島打線も小川選手に完全に抑え込まれてしまいまい、前回のリベンジをされてしまった形になってしまいましたね。薮田選手も好投していたんですがね。まあ、こういう日もあります。切り替えていきましょう。

タナキクマル誠也が機能せず

この試合、8安打を放つものの1得点と精彩を欠いた広島打線。
新井貴浩選手、安部友裕選手がマルチヒットと健闘するも、肝心のタナキクマル誠也が揃って無安打と、得点パターンを作れませんでした。
この4選手の無安打はここ最近では、記憶にないですね。そのくらい小川泰弘選手の調子が良かったのかもしれませんね。
先発の薮田和樹選手も、初回にバレンティン選手のホームラン後は好投していたんですが、菊池涼介選手のエラーから歯車が狂ってしまった感じでしたね。あの場面、1アウト1塁で、ダブルプレイが取れていればチェンジに場面で、ゴロも名手菊池涼介選手のセカンドに転がり誰しもダブルプレイだと思った瞬間でした。しかし、打球はイレギュラーし菊池涼介選手が反応できず珍しくエラー。これで集中が途切れてしまった感じでしたね。
その後、山田選手、大松選手に連続ホームランを打たれてしまいました。
あのエラーで流れが変わってしまった感じはありますが、菊池涼介選手の守備には何回も救われ、何回も勝ちに導いてくれていますので、このエラーは責められませんね。

7月30日の試合

広島カープ 対 ヤクルトスワローズ
【予告先発】
広島カープ: 岡田明丈 (8勝4敗)
ヤクルト: 石川雅規 (4勝10敗)
マツダスタジアム 18時プレイボール

広島カープ先発は岡田明丈選手。
ここ最近、不甲斐ないピッチングを見せていた岡田選手でしたが、前回登板の中日ドラゴンズ戦では6回2/3を1失点に抑える好投で久しぶりの勝利投手に。オールスター戦の好投が自信になった感じでしたね。今シーズンヤクルト戦での防御率は1,26と非常に安定しています。この試合も期待しています。
野手の注目選手は鈴木誠也選手。
今シーズン、3本のホームランをヤクルトスワローズ先発の石川選手から放っています。相性がいい投手相手なので、気分良く打席に立つことができると思います。29日の試合ではタナキクマル誠也の4選手が無安打と機能しなかったので、この試合での爆発に期待しています。
この試合に勝って勝ち越しを決めるぞ!!
絶対勝つ!頑張れ広島カープ!!!!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

WBC二次ラウンド!初戦のオランダ代表って?

オランダははっきり言って強いと思いますよ!簡単には勝たしてはくれないでしょうね!

ZOZOマリンスタジアムのシート

マリンスタジアムのシートは多種多様。行く価値ありです。

1家族一回限りの無料サンプル請求

カメレオン

よろしくお願い致します。