3連戦は北海道日本ハムファイターズと

7月のホークスの成績は7/28現在12勝5敗と勝ち越していますね。そして7月も最後の3連戦は北海道日本ハムファイターズとの対決ですね。今シーズンのファイターズと戦績は10勝5敗と大きく勝ち越しています。7月は首位東北楽天ゴールデンイーグルスとの直接対決が6戦ありましたが、3勝3敗の五分。なかなか首位が入れ代わりません。この3連戦をいかに勝ち越せるかが、8月の勢いにも繋がってくるので勝ち越したい一戦になるかと思います。

先発は千賀滉大!

7月29日(土)のヤフオクドームで行われる試合はホークス先発が千賀滉大投手、ファイターズ先発が白村明弘投手との投げ合いとなります。千賀投手は今季ファイターズ戦4戦4勝、防御率2・10と安定した成績を残しており、8勝のうち勝ち星の半分がファイターズ戦と相性の良さを感じるので、返り討ちに合わないように注意したいところ。一方、白村投手も今シーズン2回目の先発、前回登板西武戦で3失点はしたものの最速154キロのストレートを武器に前回登板から修正してくるはずです。試合はいかに先取点を先に取るかが勝負になってくるでしょう。両チーム中継ぎ陣は強力なので、早めに点を取りたいところです。

打線のキーマンは??

両チームの打線はとても強力ですね。その中でも注意すべき選手、試合のキーマンは誰になるのでしょうか?ホークス打線は2000本安打に近かった内川聖一選手が離脱中です。やはり柳田選手やデスパイネ選手もいて強力ですが、ここ最近では中村晃選手も好調ですね。7/27の楽天戦では岸投手から2点タイムリーを放っています。ファイターズでは大谷翔平選手が徐々に調子を上げています。7/27の試合では場外ホームランを放つなど怖いバッターです。

最後に

ホークスは首位を狙うためには負けられない一戦にもなりますが、ファイターズもまだクライマックスシリーズ範囲の3位に入る可能性がある限り負けられない試合が続きます。3戦目の7/31は東京ドームで試合が行われる予定ですので、当日チケットがあるようであれば試合観戦に行ってみてはどうでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

福岡ソフトバンクホークスの平成のドラフト1位を振り返る!平成元年〜平成10年編

5月に新元号【令和】となった日本! 今年のドラフトは令和初のドラフトです。 そんな今年だからこそ、平成時代の…

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。