ヨーロッパ発祥のスポーツ!

フェンシングと言うとヨーロッパでは人気のスポーツですが、日本ではあまり人気のないスポーツと言えますね。その中でもフェンシングの火付け役と言えば太田雄貴選手ですね。2015年には世界選手権モスクワ大会のフルーレで金メダルを獲得するなどの実力者ですね。オリンピックでは2008年の北京オリンピックでフルーレ個人で銀メダルを獲得、2012年のロンドンオリンピックではフルーレ団体で銀メダルを獲得するなど、日本の強さを見せつけてくれました。まだまだ日本では競技人口の少ないフェンシングについて少し紹介したいと思います。

競技の概要

ピスト(試合場): 幅1.8m×全長14m(伝導性パネル)
個人戦:9分間(3分×3セット)、15本勝負(15点先取)、(セット間の休憩は1分間)
団体戦(1チーム4名):各チームの内3名による総当たりリレー方式
3分間5本勝負(5点先取)を9試合行い、45点先取
(または9試合までの得点の多い方)が勝利
種目: フルーレ、エペ、サーブル
(種目により、剣の形状や有効面(得点となるターゲット範囲のこと)に違いがあります。)

ポイント!!

フェンシングは中世ヨーロッパの騎士道華やかなりし頃「身を守る」、「名誉を守る」ことを目途として磨かれ、発達してきた剣技です。騎士道からくる礼儀正しさ、華麗なプレイ、頭脳的な駆け引き、スピーディな試合運び、科学的なテクニックなどが見どころです。

最後に

フェンシングと言うとパワーや体重などには影響されないスポーツですね。なので、スピードやテクニック、経験がものをいうスポーツかもしれません。なので日本人選手でも十分に戦えるスポーツですね。フェンシングを行う環境は少ないかもしれませんが、2020年で日本人がフェンシングで金メダルを獲れば更に競技人口は増えていくと思います。フェンシングはヨーロッパでの剣術ですが、日本人も昔は刀を使ったていた民族でもあるので、東京オリンピックでは金メダルを目指して頑張ってもらいたいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

乾燥してくる季節に重宝されるキンカン。そんなキンカンにはどのような効果があるのか?

キンカンの果実はミカン科の中で最も小さく、大きくても1個20g程度です。やや縦長でみかんを小さくしたような黄…

オレンジを投げ合うオレンジ祭りとは?

このオレンジは祭りのために生産される特別なもので、食用には向かないもの。すべて祭りの後に回収され、農業用の堆…

普通のヨガとは違い発汗作用のあるホットヨガ!そんなホットヨガの魅力とは?

心と体、魂が繋がっている状態のことを表します。呼吸、姿勢、瞑想を組み合わせて、心身の緊張をほぐし、心の安定と…

square

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。