巨人相手にノーヒットノーラン継投

プロ野球は交流戦も後半戦も迎え、そろそろ交流戦の順位も見えてくる時期になってきました。13日から読売ジャイアンツの本拠地東京ドームに戦いの場所を移し3連戦を迎えました。3連戦の2日目ノーヒットノーラン継投をしてやられました。昨年FAで横浜DeNaベイスターズから移籍した山口俊投手を打ち崩せず6回を投げさせてしまい、7回からマシソン、9回に抑えに戻ってきたカミネロも攻略できず敗戦。打線も首の痛みで離れている内川聖一選手と11日のタイガース戦で肉離れをおこしたデスパイネ選手の不在の中、準生え抜き打線で迎えた試合も淡白な攻撃も重なりノーヒット。内川聖一選手やデスパイネ選手に代わり4番を務めた柳田悠岐選手も四球を選び出塁するも快音は聞くことができませんでした。先発の石川柊太投手も5回2/3を投げ2失点とある程度ゲームを作ってくれましたが、無念の敗戦投手となってしまいましたが、次回も登板あるはずなので期待したいです。

頼りの東浜投手で敗戦。

13日の初戦の先発は福岡ソフトバンクホークスで勝ち頭の存在でもある東浜巨投手。対する読売ジャイアンツの先発はエース菅野智之投手。東浜投手は3回、4回とタイムリーを浴びるも6回まで2失点と先発の役割は果たしましたが打線の援護もないなく7回につかまってしまいました。結果は6回2/3で自責点5となりましたが、次回に繋がる内容でしたね。準生え抜き打線も菅野投手相手に単発3安打。8回に長谷川選手の意地の1発を放つも、今のソフトバンク打線に9回巻き返す力もなく菅野投手に完投負けを喫してしまいました。

最後に

3連敗は避けたい15日の3戦目。予告先発はホークス中田賢一投手。読売ジャイアンツは内海哲也投手。攻略の順位も左右される戦いとなるので、序盤から攻め込みたいたいですね。左ピッチャーの内海哲也なので、先発セカンドは川島慶三選手になりそうです。川島選手の思い切りのいいバッティングで勢いを出して欲しいです。

関連するまとめ

ベイスターズ、優勝への道2018 vol.03 〜主砲目覚める?!広島戦〜

1つ1つの勝ち星が今年こそ日本一につながると信じて

広島カープ3連覇への道 Vol.53 〜6/7 日本ハムファイターズ戦〜

広島カープ連勝ならず。。。先発の中村祐太選手が3回に大炎上しビッグイニングを与えてしまいました。打線も反撃す…

横浜に来日した3人の熱き星たち!ベイスターズ、新外国人投手

横浜ベイスターズに、今シーズンは新たに3人の外国人投手が加わります。ベイスターズの躍進のために活躍は期待大で…