1、カリフラワーとは

白いブーケのような野菜「カリフラワー」は、独特の歯ごたえがありクセのない味わいです。付け合わせやスープ、煮込み料理などさまざまな料理に使えます。最近はオレンジ色や紫色のものも出回っていて、食卓を美しく彩りたいときに活躍してくれます。
一般的なカリフラワーは白色ですが、じつはカリフラワーは日光を浴びると黄色っぽくなります。お店に並んでいるものは、外葉を内側に折り込んで白い部分(頂花蕾)を覆い、日に当たらないよう栽培されているので変色しないのです。

2、栄養や効果とは

効果①:美肌効果
カリフラワーのビタミンCは、ブロッコリーに比べて水に溶けにくく、
下ゆでをしたとしても効率よく摂取することができます。
ビタミンCはメラニンの生成を抑制したり、
コラーゲンの生成を促したりと肌に嬉しい効果がたくさんありますよ。

効果②:便秘予防
カリフラワーに含まれている食物繊維は、不溶性食物繊維です。
水に溶けにくいので、腸の中をキレイにお掃除してくれます。
これにより、現在女性に多くなっている大腸がんの予防にもなるそうです。

効果③:がん予防
カリフラワーには、がん細胞への突然変異を防いだり、
がん細胞自体を打ち消すような働きをする抗酸化物質が含まれています。
カリフラワーは、がん予防には最適な食べ物と言われてます。

3、選び方

カリフラワーは味が劣化しやすく、傷みやすい食材ますのでスーパーなどで生のカリフラワーを購入するときは、鮮度が良いものを選ぶ目を養っていきたいところですね?

まずは、パッと見た目でつぼみの色が白いものを。鮮度が落ちるとキレイな白ではなくなります。さらにつぼみがよく密集していて硬いものを選びましょう。
外側の葉っぱも鮮度を測る上で重要なポイント。みずみずしいもの、内側に丸まっているものがベストです。

さらに良物を選ぶとなると茎が短く太いもの、持ってみてズッシリと重みがあるものを選ぶと間違いなく美味いですよ。

新鮮なうちにさっと茹でてマヨネーズだけでも、十分美味しいですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

焼酎風呂は体に良い!?その効果とは

入浴剤代わりに日本酒やワインを使うと、高い美容効果が生まれるのはよく知られていることですよね。そこで焼酎風呂…

トレビス?キャベツ?

トレビスという野菜をご存じでしょうか。名前を聞いて野菜の姿が思い浮かばなくても、案外口にしていることの多い野…

バナナの力

バナナには凄い力があるみたいですよ。

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。