NBAの本番プレーオフの始まりです。
東西の各上位8チームが争います。
4戦先勝のプレーオフ。
1stラウンドを勝ち抜き、セミファイナルに進出する4チームはどこになるでしょうか。
下位が上位に勝利するアップセットは起きるのでしょうか。
まずは、東地区2カードを紹介

ボストン・セルティックス(1位)VSシカゴ・ブルズ(8位)

シーズン最後の試合で、東地区首位を決めたセルティツクス
シーズン最後の試合で、プレーオフを決めたブルズ
対照的なチームのカードです。

良い意味でシーズン予想裏切ったセルティツクス。身長175センチのエース、アイザイア・トーマスが点取り屋として開花しましたね。平均得点リーグ3位の29.1得点。得点王でもおかしくない数字です。このエースに引っ張られる形で、シーズン終盤に、昨年王者のキャバリーズを抜いて東地区首位でシーズンフィニッシュです。

対してシカゴ・ブルズ。もう少し上位でもよい戦力でしたが、期待を裏切るシーズンとなりました。
しかし!シーズンはシーズンです。これからはプレーオフです。
エースのジミーバトラーに、プレーオフ経験豊富なドゥエイドと、爆発威力のある選手がいます。

どうなるかわかりませんが、やっぱセルティクス断然有利カードでしょう。

クリーブランド・キャバリアーズ(2位)VSインディアナ・ペイサーズ(7位)

昨年NBAを制したキャバリアーズの今シーズンは、浮き沈みが激しいシーズンでした。それを象徴するかのように、シーズンラスト10戦が4勝6敗で最後は4連敗で終了です。
エースのレブロンは健在。カイリーアービングもスターからスーパースターへのなりつつある成長をみせるも、なにか噛み合わないシーズン。優勝の翌シーズンによく陥る現象ですね。プレーオフに入ってスイッチが切り替わるかがポイントですね。

ペイサーズはシーズン中ずっと中位をキープし続けた印象です。決して納得いくシーズンは過ごしてはないでしょうが、プレーオフを決めてくるあたりは、さすがペイサーズでしょうか。

キャバリアーズのエース・レブロンと、ペイサーズのエースポール・ジョージ。
レブロンがマイアミ時代に、東地区ファイナルでお互い強烈な活躍で激戦を繰り広げたのが、3年前のプレーオフ。ここでジョージが、注目の若手からスター選手になりましたね。
この2人のプレーオフが見られると思うと楽しみです。
1stラウンドで一番注目カードです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

Bリーグ初の祭典はB.BLACKが勝利!Bリーグオールスター

1月15日、Bリーグ初のオールスターゲーム「B.LEAGUE ALLSTAR GAME 2017」が国立代々…

【NBA】オフのトレードの効果は如何に!~ポール・ジョージ編~

今シーズンが始まるまでに行われてスター選手のトレードの効果はどうだったのか。

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。