広島東洋カープ 6-2 ヤクルトスワローズ

広島東洋カープが引き分けを挟んで7連勝。

広島東洋カープは3回、丸選手のタイムリーヒットで先制点をあげる。
しかし、7回、先発の九里選手がつかまり、ヤクルトスワローズの代打、大松選手がタイムリーツーベースヒットで逆転されてしまう。
その裏の広島東洋カープの攻撃、丸選手、新井選手、鈴木選手の連続タイムリーヒットなどで一挙5点をあげ、逆転に成功。
最後は中崎選手が締め、ゲームセット。九里選手は7回2失点の好投で、今季2勝目。
ヤクルトスワローズは点差を守れなかった。

阪神タイガース 4-3 読売ジャイアンツ

阪神タイガースが逆転勝利。

阪神タイガースは2回、打撃不振だった北條選手のホームランで先制点をあげる。しかし、7回、阪神タイガースの先発、能見選手がつかまり、1-3と逆転されてしまう。
その裏、またもや阪神タイガースの北條選手のツーランホームランで同点に追いつくと、8回に上本選手のホームランで逆転に成功。そのまま阪神タイガースが逃げ切り、このカード1勝1敗と五分で終えた。
ジャイアンツは、阪神タイガースのホームラン攻勢の前に敗れた。

中日ドラゴンズ 1-2 DeNAベイスターズ

ルーキー、濱口選手がプロ初勝利。
ベイスターズは1点を追う6回、梶谷選手のツーランホームランで逆転に成功。ベイスターズの先発、濱口選手は、7本のヒットを打たれながらも要所をしめ、6回途中1失点の好投。その後、砂田選手、須田選手、山崎選手と完璧な続投で逃げ切り、ルーキー濱口選手にプロ初勝利をプレゼントした。
中日ドラゴンズは先発の吉見選手が試合を作るも、打線が沈黙し、援護できなかった。

4月11日の試合

読売ジャイアンツ対広島東洋カープ
東京ドーム 18時プレイボール

ヤクルトスワローズ対中日ドラゴンズ
神宮球場 18時プレイボール

DeNAベイスターズ対阪神タイガース
横浜スタジアム 18時プレイボール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

野球の常識が変わりつつある?「2番打者最強論」とは?

今、野球界では2番打者は強打者を置いた方がいいらしいです。

プロ野球新人王決定!!阪神・高山と日ハム・高梨が獲得!

プロ野球の「NPB AWARDS 2016 supported by リポビタンD」が28日、東京都内のホテ…

広島カープ3連覇への道 Vol.36 〜5/15 中日ドラゴンズ戦〜

やはり鬼門ナゴヤドーム。。。序盤の失点が尾を引いて敗戦となってしまいましたね。今シーズン負けなしの中村祐太選…

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

カメレオン

よろしくお願い致します。