吉田所属のサウサンプトン、イングランド・リーグ杯決勝に挑む!

日本代表DF吉田麻也が所属するイングランド・プレミアリーグのサウサンプトンが、26日、イングランド・リーグカップ決勝でマンチェスターユナイテッドと対戦する。

チームとしては、プレミア創設後初タイトルを懸けた一戦となり、吉田自身もクラブキャリアで初戴冠のチャンスとなる。

リーグカップ決勝が行われるウェンブリーは、ロンドンオリンピックではメキシコvs日本のカードが実施された地でもある。メキシコ相手に1-3で敗れ、残念ながら決勝進出はならなかったが、オーバーエイジでU-23日本代表として戦った吉田麻也にとっては思い出深い場所の一つ。

サウサンプトンは、準々決勝でアーセナル、準決勝でリヴァプールと、強豪を次々に撃破して決勝進出を果たしたサウサンプトンは、トーナメントに加わった昨年9月から、今シーズンの同大会でまだ失点を喫していない。マンチェスター・ユナイテッド相手にも完封勝利なるか、吉田の奮闘に期待がかかる。

イングランド・リーグカップとは

イングランドのサッカーのリーグカップである。プレミアリーグとフットボールリーグの92クラブが参加する。1960年シーズンから始まったもので、優勝チームにはUEFAヨーロッパリーグへの出場権が与えられる。

参加資格は、大会を主催するフットボールリーグのクラブおよび、プレミアリーグのクラブをあわせた92クラブ。ノックアウト・トーナメント方式の一発勝負で行う(準決勝のみホーム・アンド・アウェー)。決勝戦は伝統的にロンドンにあるウェンブリー・スタジアムで行われる。

相手はマンチェスター・ユナイテッド

決勝の相手、マンチェスター・ユナイテッドは言わずと知れたイングランドの名門チーム。決勝戦は、守備のサウサンプトンVS攻撃のマンチェスター・ユナイテッドといった構図になるとの見方がほとんどで、今回の試合では吉田麻也と若いジャック・スティーブンスのセンターバックコンビに注目が集まっている。この2人がズラタン・イブラヒモビッチのようなワールドクラスの選手を抑えられるかが1つのカギで、最終ラインが踏ん張らない限りサウサンプトンに勝利はない。

ただ、マンUは今回、イングランド・リーグ杯決勝が決まったため、マンチェスター・シティーとのダービーマッチの日程が変更となりましたが、イングランド協会カップ(FA杯)でも勝ち残っているほか、来月には欧州リーグの戦いも再開するという過密日程。この影響がどうでるか、決勝戦は見ものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

シャペコエンセが2016年のコパ・スダメリカーナ王者に

CONMEBOL(南米サッカー連盟)が、先の旅客機墜落事故によって多数の主力選手を失ったブラジル南部のシャペ…

Jリーグから3チームが決勝トーナメントへ!ACL

ACL16強が決定!日本からは3チームが決勝トーナメントへ挑みます。

マリノス、リーグ戦4連勝!J1第16節 vs ヴィッセル神戸

J1第16節、ヴィッセル神戸との対戦。マリノスが完封勝利で4連勝!!

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。