開幕戦ラリー・モンテカルロ!シェイクダウンでオジェがトップタイム!

2017年WRC世界ラリー選手権の開幕戦ラリー・モンテカルロのシェイクダウン(テスト走行)が行われ、Mスポーツ・ワールドラリーチームのセバスチャン・オジェ(フォード・フィエスタWRC)がトップタイムをマークした。

これまで4度のWRCチャンピオンに輝いているオジェは、フォルクスワーゲンのWRC撤退後、Mスポーツに移籍。ほとんどこのマシンでのテストを行ってこなかったにもかかわらず、3.35kmのステージで行われたシェイクダウンでトップタイムを記録した。

2番手にはのアンドレアス・ミケルセン(シュコダ・ファビアR5)が続いている。

WRC - Rallye Monte-Carlo 2017: HIGHLIGHTS Shakedown - YouTube

出典:YouTube

18年ぶりのWRC復帰!注目のトヨタは、、、

18年ぶりにWRCの舞台に復活したトヨタから出場するヤリマティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)は総合4番手、ユホ・ハンニネン(トヨタ・ヤリスWRC)も総合7番手で続いている。

TOYOTA GAZOO Racingチーム代表のトミ・マキネンは、デビュー戦のラリー・モンテカルロにむけてまずは2台のヤリスWRCを完走させたいと抱負を語っている。

WRCの中でも屈指の難しさをもつと言われているモンテカルロ。スタートを前に、自身で4度のワールドチャンピオンに輝き、モンテカルロで4度の勝利経験を持つマキネン代表は、厳しい競争の中で、クルマを鍛え、開発を積み重ねていくためにも完走して経験を蓄積することがチームにとって重要だと述べている。

トヨタの参戦により、より白熱したWRCになることを期待しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ヒュンダイがトップに!WRCラリー・スウェーデン2日目

WRC第2戦、ラリー・スウェーデンは2日目が終了。ヒュンダイのティエリー・ヌービルが首位に、トヨタのヤリ‐マ…

雪不足がWRCでも問題に!WRCラリー・スウェーデン

温暖化の波が、世界的に人気のイベントにもその影響を与えてきています。

square

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

square

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。